歩けば見つかる小さな歴史 ホーム »藤沢市
カテゴリー「藤沢市」の記事一覧

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

泣きんずら橋・・・・梶原橋  

お詫びと訂正・・・・このなきんずら橋(梶原端)の写真に就いては、確証が取れませんでしたので、地図とともに一緒に削除します。

ただ故事・伝説等を大切にしたいために、「なきんずら橋」については、出典を明らかにし、そのまま掲載します。
読者の皆様には今後ともよろしくお願いします。
また「なきんずら橋」に該当する橋の場所等をご存知の方がいらっしゃったら、ぜひお教え願います。


橋の名は「梶原橋」といいますが泣きんずら橋」とも言います。
その名の由来は、正治二年(1200)梶原一族が鎌倉を追われた時、ここに住んでいた源太景季が妻に吾が形見にと、小袖を切って渡し、涙を落として別れを惜しんだところからと伝えます。
こうした故事で、この梶原から嫁に行く娘たちは、また嫁いでくる花嫁たちもこの橋を渡ることを忌み嫌って、他の橋を渡ったといいます。

出典 鎌倉案内 小澤彰

*リンク先源太景季の墓は・・・・
いま原発再稼動で名前だけは全国区になっている、鹿児島県薩摩川内市甑島(さつませんだいしこしきじま)にあります。
ちなみに私の生まれたところは甑島ではありませんが、薩摩川内市(旧薩摩郡入来町)です。
スポンサーサイト

category: 藤沢市

tb: 0   cm: 4

日蓮上人、龍の口法難・・・龍口寺  

刑場跡

当地は鎌倉幕府時代の刑場跡である。
幕府の公式記録である「吾妻鏡」には腰越。龍の口において斬首との記録が多く見られる。。
奈良時代の僧・泰澄、一説には鎌倉時代の僧・文覚が龍口明神に法味を供養したところ、国に背く悪人が出来したときは首を斬り社頭に掛けよ、との神託を受けた。
これによって龍の口が処刑場になったと旧記にある。
文永八年(1271)九月十三日子丑の刻(午前二時)、日蓮上人は「立正安国論」の換言により、幕府に捕らえられ、この刑場・敷皮石(首の座にすえられた。
しかし処刑の瞬間、時あたかも江の島のほうより満月の如き光りものが飛び来たりて、執行人どもは眼がくらみ、この奇端のため、ついに日蓮上人の首を斬ることはできなかった。
かくして此処は日蓮上人龍口法難の霊場であり、世の安寧のために身命を賭けられた寂光土と称される所以である。

出典 寂光山 龍口寺
敷皮石(首の座)は本堂内に祀ってありますが、本堂内は撮影禁止です。

日蓮袈裟掛けの松
にリンクしていますので、あわせてご覧ください。

btDIja0A5dxLxxW1410347224_1410347241.jpg刑場跡の碑

huIo_CGLR5R_fg21410347828_1410347840.jpg御霊窟
龍口法難の際、幕府に捕らえられた日蓮上人が、一晩幽閉されたと伝えられる洞窟

138C92Fqhngcrfx1410347267_1410347281.jpg龍口寺山門

category: 藤沢市

tb: 0   cm: 0

都恋しさに松の枝を捻じ曲げた西行法師・・・西行戻り松  

道標と西行戻り松

昔、西行法師が東国に下ったとき、この地に来て枝葉の見事な松の木を見て都が恋しくなり、思わず都のほうを振り返り、枝を西方にねじり曲げたためこの名があるという。
枝が西を望むように伸びていて、ひときわ目立つ松の大木があったゆえの伝承と思われるが、近年植え継いだと思われる現在の松も幹の途中から西方に曲がっていて、伝承を忠実に再現しようと意図していることが伺われる。

出典 鎌倉史跡散策 神谷道倫

案内板による「西行戻り松」の説明
西行戻り松の伝えは、西行法師が片瀬・江の島道の松のところで、村の童(わらべ)が鎌を持って歩いているので、「どこへ行く」と聞いたのに対し、童が「夏枯れて冬ほき草を刈りに行く。」と和歌の上(かみ)の句の形式(五七五)で答え、驚いた法師はもと来た道を引き返してしまったというものです。
西行法師は人々には漂泊の歌人として親しまれた存在で、各地に伝説が残されていますが、この伝えは法師が鎌倉へ向かう際に、江の島道を通ったとされることから生まれたものと思われます。
童の歌に読まれた「ほき」とは、植物が生長し繁茂する意味の「ほきる」が転じた言葉で「夏枯れて冬に生長する草」とは麦の事です。
童は麦刈りに行くことを洒落て答えたわけですが、和歌と故実に通じていたとされる法師もすぐには意味がわからず、村の童に一本取られてしまったわけです。

出典 片瀬・江の島まちづくり協議会

7aFpANNZyLpLGPA1409998096_1409998106.jpg道標
江の島弁財天道標
この石柱は、江の島への道筋に建てられた道標の一つです。
江の島弁財天道標は、管(くだ)を用いて鍼(はり)をさす管鍼術(かんしんじゅつ)を、江の島で考案したという杉山検校が寄進したと伝えられ、現在市内外に十数基が確認されている。
すべて頂部のとがった角柱型で、その多くが正面の弁財天を表す梵字の下に「ゑのしま道」、右側面に「一切衆生」、左側面に「二世安楽」と彫られています。
この文言は、江の島弁財天への道をたどるすべての人の現世・来世での安穏・極楽への願いがこめられています。

またこの道標の裏側には、「西行のもどり松」と刻まれています。
出典 藤沢市教育委員会



category: 藤沢市

tb: 0   cm: 5

これは珍しい庚申供養塔・・・江の島(藤沢市)  

iDLHCdel16MTzcq1406716059_1406716075.jpg珍しい庚申供養塔

多数の猿がその本尊である山王神たたえ、祝っているという大変珍しい庚申供養塔です。
花崗岩で造られ、総高143センチ、塔身高86センチ、幅42センチです。
建立された年も寄進した人も刻まれていませんが、江戸時代後期のものと思われます。
基壇は岩座のように造られ、塔身の基座には蛇が巻きついているように作り出されているのは、弁財天信仰にちなんだものです。
塔身の四面には合計36匹の神猿がそれぞれ異なった姿態で山王神の神徳に奉賽しているという構図です。
猿は古くから日枝山王神社の使者として知られています。
「新編相模風土記稿」には、下之宮(現辺津宮)の絵馬堂の近くに山王神社が祀られていたようですが、それに奉納する意味でこの庚申供養塔は建てられたのでしょう。

出典 藤沢市教育委員会(説明板)

oVyUCGZVYvFISj01406716109_1406716130.jpg庚申供養塔

category: 藤沢市

tb: 0   cm: 0

奥津宮・・・江の島神社  

_lrPf5QKdLWQ1J51404465306_1404465314.jpg奥津宮(江の島神社

江の島島内三ヶ所のお宮(辺津宮・中津宮・奥津宮)を総称して江島神社といいます。
江島神社は、福岡県の宗像神社と同じく、多紀理比賣命(たきりひめのみこと)、市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)、田寸津比賣命(たきつひめのみこと)の三柱の女神を祀ってます。
奥津宮は三女神のうち多紀理比賣命をお祀りしています。
昔は「本宮御旅所」と称されていました。この由来は、岩屋本宮に安置してある仏像を、岩屋本宮に安置してある仏像を、岩屋付近の荒い波から避けるため毎年四月中旬から十月中旬までここに遷座したことによります。
天保十二年(1841)に焼失し、翌十三年に再建されたものが現在の社殿です。


nk35ysPVRBT28s51404465227_1404465238.jpg奥津宮鳥居
鎌倉幕府を開いた頼朝は政治の方策としての信仰を、大きく取り上げ、各地に社寺伽藍を創建したが、そのひとつとして江島神社にも数度にわたって参詣、参籠しそのつど信仰上の対象を寄進しています。
吾妻鏡によれば「頼朝は養和二年(1182)奥州平泉の藤原秀衡を調伏するため、京都高尾神護寺の文覚上人に命じて弁才天を岩屋に勧請し、参詣の際には鳥居をしました」とあります。
現在の鳥居は平成十六年(2004)の台風で破損し補修されたものですが、頼朝寄進の鳥居は、これに似たものが建てられたと伝えられています。


mu0gyy_0SAsFKe11404465347_1404465370.jpg八方睨みの亀の絵
江戸時代、享和三年(1803)画家・酒井抱一が描いた「正面向亀図」です。
どこからみてもこちらを睨んでいるように見えるところから「八方睨みの亀」と呼ばれています。
正面向きの亀を桐材に金箔を押し、強い線で描かれ、元は胡粉、緑青、丹色で彩色されていました。
原絵は海風の浸害から守るため、江島神社宝殿に納められています。

(お参りするとき、天井を見てください)

h9X_Uj_ILoIeyLI1404465266_1404465278.jpg亀甲石
古い標文に「鎌倉四名石のひとつで、またの名を「蔵六石という」とあります。
「武江年表」に文化三年(1806)弁秀堂という人が弁才天を信奉して金光名最勝王経(こんこうみょうさいしょうおうきょう)を写経しここへ納め、上に置く石を探したところ、亀の形をした石を発見したので江の島に奉納したと書かれています。
大いちょうの木の下に置かれています。

出典 案内板より

category: 藤沢市

tb: 0   cm: 0

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。