FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム »三浦市
カテゴリー「三浦市」の記事一覧

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

再び登場・・・猫地蔵菩薩・・・清伝寺  

猫地蔵菩薩
三浦市の清伝寺(カッパ伝説で有名)境内の、目立たないところにたたずむ「猫地蔵菩薩」
製作年不明・・・石は古くもなく新しくもありません。
愛猫家が建てたものかもわかりませんが・・・・
ru38Kh6LM0wwoYw1386322338_1386322348.jpg

category: 三浦市

tb: 0   cm: 1

道寸の狐か、狐の道寸か・・・  

三光坊への参道
この三光坊稲荷社はいつごろ出来たものか、資料となる書き物はないし、言い伝えにも残されていない。
ただ、相模風土記という本の「金田」という項に「稲荷社 三光坊稲荷と称す」とあるから、その頃はあったというだけしかっわからない。
小さな祠の後には五輪塔や宝篋印塔が並べてある。

出典 南下浦の歴史探訪記 浜田勘太著

この三光坊稲荷について、次のような伝説がある
三浦の油壺の新井城に立てこもった三浦道寸義同は、一匹のきつねを飼っていた。
永正十五年(1518)北条早雲が新井城に攻め込んだときにもこのきつねは道寸に味方して戦いを有利にしたという。
ところがある時きつねは道寸に向かって「私はあなたのきつねですか?。それともあなたがきつねの道寸ですか?」ときいた。
道寸は「おまえは道寸のきつねである」とこたえた。
するときつねはがっかりして、それからは道寸の味方にはならなくなったという。北条早雲に攻められて三年間新井城にたてこもった義同であったが、食糧攻めにあってついに城を明け渡さなければならなくなった。
三年間疲労こんばいしたきつねは蛭田の里に逃れて「さんこうぼう稲荷」に祀られたとという。

出典 三浦半島の民話と伝説 菊池幸彦著

arYu_q7u6EF6aLv1386148855_1386148866.jpg

Un1TXwx6ZPevf281386148904_1386148917.jpg

category: 三浦市

tb: 0   cm: 0

馬頭・牛頭観音はよく見かけますが・・・心光寺  

馬頭観音

3S8l5AX3WSJhsh01385632896_1385632908.jpg牛頭観音

eF_PY8lJ2gXBnj_1385633006_1385633026.jpg
多くの庚申塔が立ち並ぶ中に、目立たないところにひっそりとたたずむ豚頭観世音
残念ながら、製作年月は不明です。

これらの石塔は、三浦市心光寺入り口階段脇に建っている・

category: 三浦市

tb: 0   cm: 1

海蝕洞窟内の神社  


この洞窟は、城ヶ島(三浦市)京急ホテルへ行く、観光橋のところにあります。
別名「小桜姫洞」と呼ばれ、小桜姫を祀っているといわれています。

小桜姫関連の記事は、本ページ下にリンクを張っていますので、ご覧くださいICPjQguJoVWDabs1385550273_1385550282.jpg

Q5ZeTqDczsWdflT1385550339_1385550388.jpg
リンク先
1、小桜姫ここに眠る
2、小桜姫その後
3、小桜姫は烈女の鑑

category: 三浦市

tb: 0   cm: 0

風化で消え行く磨崖仏・・・法昌寺  

菊名山法昌寺
曹洞宗
この寺は沼間(逗子市)の海宝院末で、開山は本山三世の僧、機宗で開基は長谷川七左衛門長綱である。
本尊は行基作と伝えられる観音菩薩像で、像高六十センチ、寄せ木造り、玉眼嵌入の坐像で肉身のみ漆箔、衣紋部は黒く膝から台座まで垂れ下がった優美な坐像である。
この像については次のような伝説がある。
永正のむかし、三浦道寸の部下に菊名左衛門重氏という武士が菊名に住んでいた。
ある日、重氏は主君のお供をして山への猟を終えての帰り、海岸にくると、どこからともなく美しい琴の音が聞こえてきた。
音のほうへ近寄ってみると、磯の間に清水が湧き出し、観音像が浮かびあがってきた。重氏はさっそくこの観音さまを取り上げて、法昌寺に安置し、お祀りしたのがこの像である。
本堂の真裏に当たる墓地内の裏山の崖の部分にやぐらがあり、五メートルに及ぶ範囲にわたって、総数七基の五輪塔と二基の磨崖仏が浮き彫りされている。
そして中央の方形の基壇の中には、納骨と写経石が祀られている。
このやぐらは規模の大きさから見て、三浦半島一帯を支配した三浦一族の武将を祀った墓と思われ、移り変わる歴史の姿をそのまま見ることが出来る。

出典 三浦半島の古刹めぐり 松浦豊著pjgRcfqAv4HOV0t1385453348_1385453359.jpg参道に建つ牛馬観世音

2lw65PTmTBAGwL_1385453395_1385453408.jpg磨崖仏
風化が進んでおり、もう一基は跡形もない

DcBkvCmKNAhqVmm1385453451_1385453464.jpg納骨と写経石

52F_NVreACnjggX1385453497_1385453515.jpg観音像が浮き上がった琴音岩
対岸に薄く見える半島は房総半島(千葉県)

category: 三浦市

tb: 0   cm: 0

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop