FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム »2012年11月13日
2012年11月の記事一覧

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

忠犬タマ公の碑・・・・衣笠神社(4)  

201211139.jpg
忠犬タマ公は、新潟県中蒲原郡村松町(旧川内村)に住む刈田吉太郎氏の飼い犬であるが、昭和9年2月5日と同11年1月10日の二度にわたり、狩猟にでた人たちが、雪崩により遭難した際、必死に雪を掘り起こし主人達を救出した。この二度にわたる「タマ」の功績は、当時の新潟新聞に掲載され礼賛されたほか、「忠犬タマを語る座談会」としてラジオにより全国放送された。
この「忠犬タマ公」の美談は、横須賀市に在住する新潟県出身の退役海軍将兵で組織している「互立会」の知るところとなり、また郷里における美談に感激した互立会の一員が、新潟県村松町に住む刈田吉太郎氏宅に赴き。タマ公が寝起きしている場所の貰い受けたのを契機に、この土をゆかりとし、横須賀市に在住する新潟県出身の将兵たちに末永く「タマ公」の美談を伝え残すため互立会の手によって建立されたものと推測される。

この碑文の「忠犬タマ公」の文字は、逓信大臣、第13代横須賀市長を歴任された小泉又次郎先生の書によるものである。衣笠観光協会

なお、もと首相の小泉純一郎の祖父にあたる。


powered by 地図Z

地図番号(4)
スポンサーサイト



category: 横須賀市

tb: 0   cm: 0

海堡の設置場所と運命・・・衣笠神社(3)  

201211135.jpg
201211137.jpg

写真上は、復元イメージ図
写真下は、各海堡の設置場所

第三海堡は、関東大震災により、壊滅的な打撃を受け、なかば暗礁と化しています。
航路安全のために平成十二年(2000)12月から水深-23mまで撤去する予定です。
国土交通省 関東地方整備局 東京湾口航路事務所


powered by 地図Z

地図番号(3

category: 横須賀市

tb: 0   cm: 0

東京湾に人工島を造った男:衣笠神社(2)  

西田明則君の碑と西田明則XAdXEVNu5S257Xm1352811456_1352811499.png

明治から大正時代に掛けて、観音崎と富津岬の間に、第一海堡、第二海堡、第三海堡が設置されました。
海堡とは、砲台を置くための海上に造られた人工島です。猿島や観音崎公園などにもたくさんの砲台後があり、要塞地帯であったことがうかがえます。
中でも、第三海堡のように水深が深い(40メートル)場所での大規模な海上要塞は、世界でも類を見ないものでありました。「西田明則之碑」はこの海堡建設の最大功労者「西田明則」をたたえるため大正十二年(1923)に、これらを望むここ衣笠山に建てられました。
国土交通省 関東地方整備局 東京湾口航路事務所


powered by 地図Z

地図番号(2)

category: 横須賀市

tb: 0   cm: 0

23社を合祀、衣笠神社(1)  

201211130.jpg
衣笠神社
鎮座地:横須賀市小矢部4-1202
祭 神:大日霊貴尊
氏子区域:小矢部、衣笠栄町、金谷、衣笠
由緒:旧衣笠村の各字には計23社あり、各字の鎮守として崇拝されてきたが、時の政府政令による一村一社の方針により、大正二年九月一日小矢部一丁目城山1020番地鎮座の村社皇大神社に合併し、社殿は明治二十年六月に造営された。小矢部一丁目1387番地に鎮座する熊野神社、山王社を解体、内陣は明治十年に造営された衣笠強調文町より遷営し、現在地に鎮座せられ衣笠神社となる。
境内の鳥居、狛犬、灯篭、手洗等はすべて各字の神社より移したものである。


powered by 地図Z

地図番号(1)

category: 横須賀市

tb: 0   cm: 0

昔は三浦郡日蓮宗の総本山  

2012111303.jpg
金谷山大明寺

山号を金谷山と称します。後嵯峨天皇の第一皇子で鎌倉幕府の六代将軍となり、後に謀反のかどで北条氏に追われた宗尊親王(1242-1274)が当地に来て、谷あいから金色の光が発する光景を見て金谷山と名づけたと言い伝えられます。
この寺の起こりは、宗祖日蓮上人が、米が浜に上陸し深田台に現存する龍本寺の地域内に三浦法華堂を建てました。
明徳3(1392)年、第六世大名坊日榮が、深田の地が狭いため、この地を選んで本堂祖師堂など二十九棟を建て金谷山大妙寺としました。
大妙寺が大明寺と呼ばれるようになったのは、江戸時代に16石の寺領を与えられましたが、、その朱印状に「大明寺」と書き誤れたことによると伝えられる。当時は三浦郡内にある日蓮宗32ヶ寺の総本山として大いに栄えたばかりでなく、江戸城に登城するときには十万石の格式を許されたといわれています。
明治19年火災に遭い、仁王門を除いて、本堂や正行坊、戒善院、了仙坊などすべてを焼失してしまいました。
現在の建物は、住職・信徒の努力により再建されたものです。
寺内の裏山には、大田道灌の子、大田資康の墓であるといわれている土まんじゅうがあります。
大田資康は、三浦同寸義同の娘を妻としていましたが、三浦氏が北条早雲に責められたとき、途中で北条氏を迎え撃って戦死しました。
永正10(1513)9月29日のことです。



powered by 地図Z

category: 横須賀市

tb: 0   cm: 0

矢取不動  

三浦氏2代・為継が1083年(永保3年)~1087年(寛治元年)の
「後三年の役」に参陣した際、大善寺の不動明王が前線に現れ
為継に向かって飛んできた矢を打ち払って守ったと言う伝説がある事から
この不動明王を「箭(矢)取不動(やとりふどう)」とも呼ぶ。
2012111302.jpg
台座前面には「矢取不動 三浦大介」と書いてある。


powered by 地図Z

category: 横須賀市

tb: 0   cm: 0

今は商店街、昔は古戦場  

2012111301.jpg
除厄地蔵尊

当除厄地蔵尊は、昭和39年11月に衣笠駅前の広場の一角に奉祀しました。
その昔、駅前商店街一帯は、古戦場として多くの無名の士が悲惨な死を遂げたと伝えられていましたが、長く無縁の霊として今日に至りました。問う商店街では、これらの幾多の霊を供養するために、この因縁の地に慈悲救護の地蔵尊を奉祈し、併せて土地の災難を払い、交通安全を祈るものであります。


powered by 地図Z

category: 横須賀市

tb: 0   cm: 0

夫婦?親子?  

201211131.jpg<
横須賀燈明堂にて

category: 箸休め

tb: 0   cm: 0

三浦義村の墓  

201211121.jpg
三浦義村の墓
三浦義村公は、三浦一族六代目の当主で、三浦大助義明の孫にあたり、七百年の昔北条氏とともに鎌倉幕府を二分して活躍した武将として知られます。平安の末期から戦国動乱の世まで四百五十年に渡り、関東に勢威を振るった三浦一族の中でも、義村公はもっとも隆盛をきわめた人であったと言われています。
義村公自ら数ヶ国の守護を兼ね、一門の中には各地に進出して名を成したものも数多かったといいます。
また義村公は、領内の開拓をいくつしみ、領民にしたわれ、その治世には見るべきものがありました。生前義村公は、父祖伝来の地であるここ岩浦(いわぶ)の里の要害をたのんで福寿寺を開基、菩提寺となし、没後菩提寺に近いこの台地に祀られました。


powered by 地図Z

category: 三浦市

tb: 0   cm: 0

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop