FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム »2012年11月22日
2012年11月の記事一覧

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

さむーい!!!  

2012112203.jpg
2012112202.jpg
スポンサーサイト



category: 箸休め

tb: 0   cm: 2

諏訪大神社(2)・・・・祭神の話  

御祭神の話
建御名方命、事代主命は共に大国主命(大黒様)の御子で、日本の先住民族「エゾ」を征服して、出雲という部族連合国家を建設し、日本古代国家の基礎をつくった。

建御名方命は山神で、狩猟と採取経済とによって、山を生活の場とした部族の祖神であったが、後にこの部族の経済の発展に伴って、農耕の神様ともされた。元来、山での狩猟に射撃の上手な部族の神であったので、後に武士からも崇敬された。
もとの出雲の国から周防(すわ)に行き、後に伊勢から美濃を経て信濃に入り、「エゾ」を征服して諏訪の神となった。
御神体、矢に神霊を祭ってある。
事代主命は北九州から丹波丹後地方を勢力範囲とした漁猟部族「蜑族(たんぞく)」の祖神である。航海漁猟を得意とした部族なので自然と貿易によって富強となった。その祖神事代主命がエビ入様といって漁業商業の守護神として祭られるのはそのためである。
蜑族(たんぞく)は、富山湾からヒメ川を遡って、上高地の下の旧湖水で生活していたが後、ここを干拓して農地とし、諏訪湖に移り水上生活をした。事代主命は下諏訪から勧請、御神体は玉に神霊を祭ってある。

category: 横須賀市

tb: 0   cm: 0

諏訪大神社(1)  

2012112201.jpg諏訪大神社
鎮座地:横須賀市緑ヶ丘34番地
御祭神:建御名方命、事代主命
相殿:倉稲魂命、誉田別命、白日命、大己貴命、賀夜奈留美命

強調文由緒:康歴2年3月23日(1380年足利義満の頃)、横須賀城主三浦定宗が横須賀総鎮守として、城の入口であったこの古谷山に、長野県から上下両諏訪明神を勧請した。その頃は城主と城下の村人によって祭られていたが、三浦氏が滅んだ後は地頭郡代を指導者とする村人達の手に移った。
慶長8年徳川家康が将軍になり、平和な世になったので、早速慶長11年2月27日代官の長谷川三郎兵衛の発起で社殿や境内の大改修をし(棟札による)、以後永代官の三浦郡中鎮守の遥拝祈願所となり(寛永8年、享和2年の版文による)村人も協力して、神社を立派に維持し崇敬を続けた(歴代の棟札文による)


powered by 地図Z

category: 横須賀市

tb: 0   cm: 0

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop