FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム »2013年02月12日
2013年02月の記事一覧

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

軍に追い出されたうえ、火災で焼失したお寺  

仏崎山観音寺

仏崎山観音寺跡
明治13年(1880)観音崎に、当時の陸軍砲台が造られる事になり、翌年観音崎灯台の下にあった観音寺や海蝕洞穴に祀られていた鵜羽山権現はこの亀崎に移されました。
本尊は奈良時代の僧行基の作と伝えられます。
十一面観音で船守観音とも呼ばれていました。
村人や安全な航海を祈る人達の海上守護仏として信仰が厚く、観音崎の地名の由来と言われています。
この寺は本尊を含めすべて焼失しました。
現在横須賀市吉井の真福寺で札所の代行をしています。
大津行政センタ 市民協働事業 浦賀探訪くらぶ)

仏崎山観音寺跡
観音崎の地名は、奈良時代の僧行基が船の安全のため、十一面観音(船守観音)を海蝕洞穴に納めたことに由来すると伝えられています。
この辺り(観音崎灯台の真下)に観音堂が創建された。
江戸時代には本殿・般若堂などが建ち並び、村民や漁民、船乗り達の信仰は厚いものでした。
天正19年(1591)仏崎山(ふだらくさん)観音堂料3石の御朱印をいただいております。
明治13年(1880)陸軍砲台が築造されて翌年観音寺は鴨居の亀崎に移されました。(写真一番上)
大津行政センタ 市民協働事業 浦賀探訪くらぶ)

当時の浦賀観音崎あたりの絵図
東京国立博物館蔵
スポンサーサイト



category: 横須賀市

tb: 0   cm: 0

八幡神社(横須賀市浦賀)  

鴨居のタイは逸品、江戸城の料理にも

八幡神社
祭神は誉田別尊(代15代応神天皇)
治承4(1180)源頼朝鎌倉に入り、幕府の礎石を築くにあたり、三浦市は軍功のあった当三浦郡を領し一族内葉最も栄えたときである。
其の頃三浦大介義明の第四子多々良四郎義春が鴨居の領主として他の三浦党とともに三浦一円に勢威を張っていた。
当社は義春が源家の厳命を受け、養和元((1181)鶴岡八幡宮を勧請したと伝えられる。
新編相模国風土記には「八幡社村の鎮守なり 祭礼八月十五日、縁起は養和元年六月頼朝卿当縣遊覧の折勧請ありし由記せり」とある。

神輿
写真左の赤い神輿は7月の例大祭用で須賀神社のお神輿
写真右の黒い神輿は9月の例大祭用で八幡神社のお神輿
両方とも年代は定かではないが江戸時代中期以降の作と思われます。

「鴨居」の地名の由来
応安6年(1373)の室町幕府の記録によれば「相模国鴨江」とあります。
(1)アイヌ語のカムイ(神)からという説
(2)鴨の群集するところ、家居、村落とする説
(3)鴨を神とする説
(4)浦のある水辺とする説
などの諸説があります。
江戸時代には「鴨居のタイ」は逸品として知られ、江戸城の料理に用いられたと言われています。



powered by 地図Z

category: 横須賀市

tb: 0   cm: 0

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop