FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム »2013年05月19日
2013年05月の記事一覧

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

閻魔と地蔵  

閻魔堂

ガラスの反射で見づらいですが、閻魔様です
閻魔像;座高110センチ、肩幅60センチ、膝張70センチ、台座高15センチ
右手に笏を持ち左手は左膝に添えて道服といって着物の上に平時着用する袖の短く袴のない黒い衣を着て、両眼をキッと見開き大きく開いた口に顔一面に怒りの表情である。
冥土の世界でその亡者の生前の罪業を裁くのがこの閻魔王である。

写真左;高瀬舟型の岩舟地蔵 写真右:延命地蔵尊

この岩舟地蔵には次のような伝説がある。
、里の漁師が沖へ漁に出かけた。すると俄かの時化にあい、舟が暗礁に乗り上げて沈没しようとした。そのとき漁師たちは日頃信心していた地蔵尊に救いのお祈りをあげた。すると間もなく不思議にも舟は沈没を免れ、無事に里に帰ることができた。漁師達はこれ皆地蔵尊のお加護と感謝した。舟で命を拾ったので舟に乗った地蔵尊を造ってお祀りしたのがこの地蔵という。
一説にはこの地蔵は流仏でもあるといわれもったいないので祀っているのだともいってる人がいる。前は漁師の人は豊漁の時はかならずとれた魚を上げに来たという。
また近所の人が病身で困っていたとき、ここにお祀りにきて治ったといって屋根替えをした人もあったという。
出典 「南下浦の歴史探訪記」浜田勘太著

閻魔堂前の庚申塔

坐ってうつむきながら手を合わせるお地蔵さん



powered by 地図Z

スポンサーサイト



category: 三浦市

tb: 0   cm: 0

犬が決めた境界線・・・犬走り  

通称「犬走り」
この台地は、一年中野菜の栽培の多いところである。
昔、この台地の境をめぐって横須賀津久井と、三浦南下浦の間で、境をどこにするか連日浜に集まり相談したが、なかなか上手い考えが浮かばなかった。
「この辺にしたらどうか」といえば津久井の役人が納得しない。「この山の裾を境にしたらどうか」といえば今井(三浦)の役人が「とんでもない」と言い出し、何回話し合っても喧嘩別れ、これを聞いた代官が「犬を走らせて、その犬の足取りに任せ、文句なしにしたらどうか」と提案した。
それは妙案だと早速一匹の犬が登場、用意ドンで犬を走らせ、両村の役人はその跡を追って、境界杭をたてたという。
いまもこの地を犬走りと呼んでいる。
出典 「北下浦郷土史」

犬走りの一角に建つ庚申塔

category: 三浦市

tb: 0   cm: 0

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop