歩けば見つかる小さな歴史 ホーム »2014年05月
2014年05月の記事一覧

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

鈴木という姓・・・住吉神社(横須賀市久里浜)  

住吉神社(横須賀市久里浜は、こちらからリンクしています。

江戸時代の事です。
毎日、朝日の昇り始める頃になると、ここ住吉神社近くの海辺に決まって一人の老人が腕組みをしてじっと海を見つめていました。
その人は浜名主をつとめている鈴木弥右衛門さんでした。
弥右衛門さんはこうして毎朝欠かさず海を眺めては、潮の流れや風向きなどを調べて、その日の天気や漁の具合を見定めているのでした。
そして海からの帰りは必ず住吉神社におまいりして、漁師の安全と大漁を祈っていました。
そんな時いつも弥右衛門さんはおじいさんから聞かされていた「鈴木家」にまつわる言い伝えを思い出しているのでした。

その昔、住吉神社は栗浜明神と呼ばれ、海の幸によって生活を支える久里浜の漁師にとってなくてはならない海の神様でした。
その頃、辺り一帯は、衣笠(横須賀市)に城を構える三浦の殿様が治めていましたが、戦いに出陣する折には必ず栗浜明神に武運を祈るのでした。
栗浜明神は、三浦水軍の守り本尊としても崇め奉られていたのです。
やがてたびたびの戦いに、ついに衣笠城も焼け落ち、まもなく源頼朝が鎌倉幕府を開きました。
時が流れ、幕府を開いた頼朝が死に、その子頼家が跡を継ぎました。
頼家は、父頼朝が幕府を開くまでの間、さまざまな苦労を重ねた三浦の地を訪れ、かって頼朝が武運を祈った栗浜明神におまいりしました。
その帰り、頼家とお供の家来たちは休息のため近くの漁師の家に立ち寄りました。
「何か食べ物はないか」
頼家の言葉に、その家の漁師はたいそうあわてました。
突然のことであるし、しかも場所が漁村なので、とても殿様のお口にあいそうな食べ物は無いのです。
仕方なしに漁師は魚を料理して差し出しました。
ところが頼家はその魚を一口食べるなり「うむぅ、これはうまい魚じゃ。余はかような美味な魚はほじめて食したぞ。」といってたいそう喜び、皿に盛られた魚をきれいに平らげてしまいました。
「ところでこの魚はなんと申すか。」頼家は満足そうな表情で漁師に尋ねました。
漁師はすかさず「はい、これはスズキと申す出世魚でございます。」
出世魚とは幼魚から成魚になるまでに、何度か呼び名の変わる魚のことで、昔から縁起のよい魚として喜ばれてました。
「なに、出世魚とな?それはめでたい。縁起がよいぞ。」頼家は大喜びをし、そして「ごちそうになったお礼に、そのほうに”すずき”という姓を授けよう」といいました。
その頃、庶民が姓を名乗ることは許されていなかったので漁師はたいそう喜びました。
それからというものこの辺りには「鈴木」という姓が多くなったということです

出典 三浦半島ふるさとのむかし話 あしたばの会
スポンサーサイト

category: 横須賀市

tb: 0   cm: 1

鎌倉で仇討ちがあった・・・亀ヶ谷坂  

延宝五年(1677)一月二十九日は、鎌倉には珍しい仇討ちのあった日である。
松ヶ枝久左衛門という仙台藩の能役者が、叔父の岩井利兵衛と一緒に兄の仇野田宗畔という医者を討ったのである。
事のおこりは、この宗畔はもと江戸両国村松町で医者をしていたが、なかなか達者な男で、他人の金を周旋して高利貸しをしていた。
そのうち何かでその金を使い込んでしまったが、その罪を弟子の松ヶ枝宗順になすりつけるために、ゴロツキ浪人を雇って、宗順を殺させてしまった。
そこで弟の久左衛門は叔父利兵とともに兄の仇討ちに出たが、おきまりの通り仇宗畔はどこかへ逐電してしまったので、方々たずね回ったすえ、鎌倉にいることがわかったが、宗畔の方も抜け目なく、用心棒を雇って用心しているので容易に近よれない。
そこで2・3年仙台に戻って出直してくると言いふらして姿を隠した。
それを聞いた宗畔の方は安心して、一時警戒を解いて出歩くようになった。
そして一月二十九日、宗畔は知人の亀ヶ谷に住む人を訪ねて、夜に入って亀ヶ谷坂を越して帰ろうとした折、宵から待ち伏せしていた久左衛門と利兵衛が躍りかかった。
宗畔も少しは剣の心得があるので、しばらくは斬りあったが、ついに討たれてしまう。
久左衛門はかなり深手を負ったが、叔父に助けられて無事宿に帰り、その旨を江戸の仙台屋敷へ報告した。
屋敷からはさっそく迎えの人数がきて,二人を仙台へ送り返し、厚く賞された。
世の人はこれを鎌倉亀ヶ谷の仇討ちといった。

出典 鎌倉趣味の史跡めぐり 長峯五幸
亀ヶ谷坂ーここをクリックするとリンクしています

category: 鎌倉市

tb: 0   cm: 1

女性騎手もがんばる笠懸(かさがけ)・・・三浦市  

笠懸とは
笠懸(かさがけ)とは、疾走する馬上から的に鏑矢(かぶらや)を放ち的を射る、日本の伝統的な騎射の技術・稽古・儀式・様式のこと。流鏑馬と比較して笠懸はより実戦的で標的も多彩であるため技術的な難易度が高いが、格式としては流鏑馬より略式となり、余興的意味合いが強い。流鏑馬、犬追物と並んで騎射三物と称された。現在は笠掛とも表記する。群馬県新田郡笠懸(かさかけ)町(現みどり市)の名は、源頼朝がこの地で笠懸を行ったことに由来するという。
出典 wikipediaより抜粋

このお祭りは「三浦道寸まつり」のイベントのひとつとして催されたもので、今回は五月二十五日、三浦市荒井浜(油壺)で開かれたものです


qw0kA9ZK6DF8SuS1401098013_1401098023.jpg荒井浜
後ろの山は、三浦氏の居城で、三浦一族終焉の地である新井城址

CbgzQ8bvWEWJn2h1401098190_1401098203.jpg

oDL1eEUVH749QVe1401098050_1401098063.jpg

6e5EDs8BqgRbvAF1401098092_1401098109.jpg

Sg63_BENjpUhYPC1401098253_1401098267.jpg

azimu9vpGZJHS4d1401098298_1401098310.jpg怒ってる?いえいえ、馬場の整地です
ここに出ているのは全員女性ですが、もちろん男子の騎手もいます。

三浦市ホームページにリンクしています。

category: 三浦市

tb: 0   cm: 0

あまりの急坂に亀も登るのをあきらめた・・・・亀ヶ谷坂(鎌倉)  

dPp8HjBYrj280qe1400926308_1400926320.jpg亀ヶ谷坂(建長寺側

今でもこの坂は急であるが、昔はもっと急で、伝説によれば建長寺の大覚池の亀が、たまにはこの世を眺めて見たいと、この坂を登っていったものの果たせず、引き返したところから「亀返り坂」といわれ、それがいつの頃からか亀ヶ谷坂(かめがやつさか)になったといわれる。
出典 鎌倉趣味の史跡めぐり 長峯五幸

この道は亀ヶ谷と山ノ内とを結ぶ、亀ヶ谷坂と呼ばれる切通しです。
切通しとは、山を切り開いてつくられた道のことです。
交通を容易にするとともに、防御の拠点ともなっていました。
亀ヶ谷坂が造られた正確な時期はわかりませんが、十三世紀中ごろには切通しとして整備されていたようです。
「吾妻鏡」によれば、幕府が鎌倉市中に七箇所の商業区域のひとつとして「亀ヶ谷辻」を指定しており、建長寺や円覚寺などの大寺院が建立された山ノ内と鎌倉市中を結ぶ亀ヶ谷坂は、経済的にも軍事的にも重要だったことがわかります。
江戸時代には「鎌倉七口」のひとつに数えられるようになり、現在も生活道路としてりようされています。

出典 案内看板「鎌倉市教育委員会」より

tO80s6C68hhD_Jx1400926355_1400926371.jpg亀ヶ谷坂
SJGJhOANvhyIEwd1400926397_1400926411.jpg坂頂上付近の六地蔵
skdjoD7gbRHYEs71400926442_1400926454.jpg亀ヶ谷坂
この坂を降りきると、岩船地蔵があります。
大姫の岩船地蔵へリンクします。

category: 鎌倉市

tb: 0   cm: 1

ウィーンでヤケドした鎌倉大仏  

鎌倉の大仏様

ウィーンで第五回万国博覧会が開かれたのは1873年すなわち明治六年のことです。
その前の万国博覧会は、1876年パリで開催され、わが国へも出品をすすめてきました。
幕府はこれに応じて、若干の出品はしたものの、国内情勢もありあまり大したことは出来ませんでした。
しかし、日本が外国の博覧会に出品したのはこのときが最初です。
その点で1867年は記憶されるべき年です。
さて、ウィーン万国博覧会ですが、明治政府はこれに参加を勧誘されると、わが国産品を海外に紹介すると同時に、新政府の勢力を誇示するのはこのときとばかりに、非常な関心をもって、準備にあたりました。
博覧会総裁には大隈重信を任命し、前年の五年当初から出品物について準備を始めました。
そのときの出品物のなかに、鎌倉大仏の実物大の張子がありました。
これは鎌倉の大仏の紹介もありますが、本当のねらいは日本紙が丈夫で、雨にあっても差し支えないということを示すのが目的で、博覧会会場に造る日本庭園にこの大仏を置き、雨ざらしにして見せようという趣向でした。

この作業が由比ガ浜に足場を組み作業場としたということですが、くわしいことはわかりません。
さて出来上がった大仏の張子は、いくつかに切って数個の大箱につめ、フランス汽船ファーズ号に積まれてオースタリーに着きました。
が、今度は箱が大きすぎて貨車で運ぶのに、途中のトンネルにつかえはしないかと問題になりましたが、これもどうやら無事に博覧会会場に到着しました。
ところが荷解きのとき、人足の煙草の吸殻の火が藁について、せっかくの張子の一部が焼けてしまいました。
張子の大仏は桐油紙でつくられた「合羽大仏」であったろうと想像されます。
それでなければ雨ざらしにして見せるわけには行かなかっただろうと思います。

出典 知られざる鎌倉 沢 寿郎

cgOGfKdlQrq3iyr1400747174_1400747182.jpg>鎌倉の大仏様

ちなみに、大仏様の大きさは、台座を含めた高さは13.35mあります。

category: 鎌倉市

tb: 0   cm: 2

チョコチョコ動かなきゃよかったのに・・・木曽義高狭山の遺跡  

この記事については、下記のリンク先を先に読んでいただけると、物語としてつながります
木曽義孝の墓をクリックして先に読んでください。

木曽義高は、府中から、命からがら所沢を走り、入間川を渡って・・・昔にさかのぼれば、見渡す限りの荒野の中で風も雨も吹きすさぶに任せた細道を逃げたのであろう。
行く先は、いまだに祖父義賢の遺徳が残る大蔵の館か、それとも父義仲の幼時に情けをかけてくれた畠山重能の館だったか・・・・。
現代の道は、新富士見橋からくるメイン通りとやがて交叉し、さらにもう一本の横道とも交叉して六叉路をつくっているが、その右側の小さなデルタ地帯に影隠(かげかくし)地蔵というのが入間川の方向に向かって立っている。
この地蔵を地元の人は身かくし地蔵とも、かくれ地蔵とも呼んでいるが、義高がここまで逃げ延びた時、ついに鎌倉方の追っ手に発見され、急いでこの地蔵にかくれて、一旦は難を逃れることができたのだそうである。
しかし、やがて敵に囲まれて捕らわれ、堀藤次の郎党で藤内光澄というものに河原で斬殺されてしまうのである。
教育委員会の説明では、この地蔵も入間川の氾濫で移転させられたらしい。
土地の人は「義高さんも、ずっとここに隠れてりゃよかったんだよ。それがチョコチョコ動き回ったから捕まっちまうんだ。
やっぱり子供だねえ

狭山にはもうひとつの義高の遺跡がある。
入間川のほとり、本富士見橋の東側に小さな石の鳥居があり、その奥に義高を祀る清水八幡の祠がこじんまりと建っている。狭山市から指定を受けた史蹟である。
義高の非業な最期を聞いた政子と大姫が、その菩提を弔うために建立したものだそうjである。
もちろんこの社もしばしば移転して、ようやく現在の地に安住したものらしい。
影隠地蔵といい、この清水八幡といい、水のためとはいえ度重なる移転はやはり義高の運命の象徴のようである。

出典 鎌倉史話紀行 今野信雄

影隠地蔵・清水八幡については下記をクリックしてください。
ブログの旅人

category: 埼玉県

tb: 0   cm: 4

捨てられた首が亀に乗ってきた・・・藤沢市  

伝義経首洗い井戸

d4kEiEZc7FTPhum1400411143_1400411152.jpg上から覗いた首洗い井戸
鎌倉で頼朝に面会を拒否された源義経は奥州平泉に逃げていた。
頼朝から「義経を差し出せ」と再三にわたり圧力をかけられた藤原泰衡は、父秀衝の遺言にそむいて義経を衣川の館に襲った。
義経は持仏堂にこもり自刃した。
文治五年((1189)閏四月のことである。
義経の首は黒塗りの棺に納められ、酒に浸し、下僕二人が担って鎌倉へ届けられた。
首を改めた和田義盛と梶原景時から「義経に間違いない」というj報告を聞くと、頼朝は首を片瀬の浜に捨てさせたのである。
藤沢の伝説によれば、捨てられた首を亀が背負って上ってきたのを発見した土地の人々がこの井戸で首を洗って塚を築いて葬り、その後祭神として祀ったという。

出典 神奈川歴史探訪ウォーキング 清水克悦著
本文中の赤字についてはwikipedia[「源義経」にリンクしています。合わせてご覧ください

ySevVnus4cwD4ny1400411191_1400411202.jpg白幡神社

s9pbR16r8GyrerJ1400411229_1400411243.jpg白幡神社本殿

6w49UPPLFxXGwdm1400411272_1400411281.jpg斎源義経公鎮霊碑



category: 藤沢市

tb: 0   cm: 1

許婚の父(源頼朝)に殺された木曽義高の墓・・・常楽寺(鎌倉)  

粟船山常楽寺・・・リンクしています
開基は北条泰時、開山は退耕行勇と伝える。
山号は粟船山(ぞくせんさん)と音読するが、粟船は「あはふね」で大船の古名である。
このお寺の裏山には木曽義高の墓(塚)があります。

TDEDoEizk2_dOf21400234127_1400234138.jpg

戦国時代の悲劇木曽清水冠者義高公の墓
木曽清水冠者義高は、承安三年(1173)木曽義仲の嫡男として生まれた。
承永二年(1183)三月のころ、頼朝と木曽義仲が対立することがあり、義仲は和解のため十一歳の嫡子義高を、鎌倉に人質として送った。
頼朝の長女大姫の許婚という名目であったが、そのとき大姫は五歳あるいは六歳という幼齢であった。
木曽義仲は、その後平家軍を打ち破り、北陸道を快進撃して、いち早く上洛を果たしたが、軍紀が守られず、後白河法皇の信頼も失って、翌元暦元年(1184)一月二十日、頼朝の派遣した義仲追討軍のため近江の国粟津(あわづ)で敗死する。
人質義高の以後の処置が問題となるところであるが、頼朝はためらうことなく誅殺を決する。
ただ大姫が義高を慕うことは一通りではなかった。
それを知る姫のお付の女房たちが、大姫を通じて義高に頼朝の意向を知らせ、義高は殿中から脱出を計ることになる。
義高は同日暁方に女装をし、女房たちが周りを囲み将軍御所の郭内を抜け出し、あらかじめ他に隠しおいた馬に乗せて逃れさせた。
一方義高の居室には、同年齢の近習のものに言い含めて、義高の常日頃と変わらぬように振るまわさせて、人目を欺く手段にでた。
しかし同日の晩には義高脱出のことは露見し、ただちに頼朝は堀藤次親家以下の追っ手の軍兵を方々に派遣し、同月二十六日に堀藤次の配下の藤内光澄が、入間河原で討ち果たして首を持ち帰った。
首実験ののち葬ったということになっているが、もとは常楽寺南西の「木曽免」(きそめん)と里人に呼ばれる水田内に塚があったという。
その後大姫は、完全に回復することはなく、一生をいわば「うつ病」の状態で過ごした。
建久五年(1194)八月には両親が望む一条高能との縁組も拒み、後鳥羽天皇の後宮に入内の話もあったが成立せず
、建久八年(1197)七月二十歳になるかならずの短い薄幸の生涯を終えた。

出典 深く歩く鎌倉史跡散策 神谷道倫
義高の墓へは、常楽寺山門の左側に路地がありますので、山に向かって歩いてください。
山の頂上付近にあります。


category: 鎌倉市

tb: 0   cm: 2

日本七文殊菩薩のひとつはこの寺に・・・・常楽寺(鎌倉市)  

2EEy7dm_kPRgAmw1400061248_1400061259.jpg常楽寺山門

 北条泰時が夫人の母の追福のために建てた寺で嘉禎三年(1237)の建立であろうとのことです。
この寺を建ててから五年目の仁治三年(1242)泰時は亡くなり、彼の墓は寺の裏側にあります。

北条泰時は御成敗式目を制定した。
9aZ4Qnv8SJpvw1O1400061352_1400061364.jpg北条泰時の墓

その後、寛文四年(1246)には、北条時頼が寿福寺に寓居していた大覚禅師(蘭渓道隆)をこの寺に住まわせ、禅についての教えを受けました。
そして禅師に深く帰依した時頼は建長四年(1252)に建長寺を建立し、蘭渓道隆を開山にした


文珠について
ここの文珠菩薩は蘭渓道隆がわが国にくる時、その首だけを持ってきたもので、身体のほうはここにいる間に蘭渓道隆が自分でつくったものだと言い伝えられます。
またこの文珠は日本七文珠の第三といわれます。
七文珠とは、大一が奥州永居、第二が和泉安部、第三が相模粟船(常楽寺)、第四が丹後久世渡、第五が甲斐市川、第六和泉般若寺、第七が豊後山辺の順となっている。
常楽寺文珠については、一月二十六日の文珠祭でご開帳されます


wdwuFW5Wx690GDD1400061396_1400061404.jpg色天無熱池
この池は色天無熱池と云い、蘭渓道隆につき従っていた乙護童子(これは江の島の弁財天が禅師を守護するために特につけてくれたもの)が、よくこの池で禅師の衣類を洗濯して空中に投げると、まるで物干し竿にかけたように宙にかかったと云います。
その乙護童子が白蛇となって巻き付いたと伝えられる護塔松という松があったそうです。
この松には異なった伝説もあって、それによると弁財天が禅師を慰めるために、江の島から飛来してこの松の上で琵琶を弾じたので妙音松と呼ぶのだそうです。

出典 つれづれの鎌倉 沢寿郎



category: 鎌倉市

tb: 0   cm: 3

女の子もがんばります・・・三浦わんぱく相撲  

三浦市わんぱく場所・・・三浦市若宮神社にて



14StXlBQ5DL5QCp1399887619_1399887642.jpg本格的な土俵

eNXHKDAWykItAMl1399887669_1399887679.jpgがんばる女の子

TO3YzLk9YprtZmd1399887577_1399887597.jpg将来は日本人横綱

三浦相撲の先覚者へリンクしています。

category: 三浦市

tb: 0   cm: 0

あの世で閻魔様に会った運慶・・・円応寺  

ucjl1og8hIhfgZA1399711935_1399711945.jpg円応寺山門

円応寺(えんのうじ)は、閻魔大王を本尊として智覚禅師により建長二年(1250)に創建されたお寺です。
閻魔堂、十王堂とも呼ばれ、亡者が冥界において出合う「十王」を祀っています。
円応寺ははじめ見越獄(大仏様の近く)にありましたが、足利尊氏が由比ガ浜に移築し、その後元禄十六年(1703)に起きた大地震後に現在の地に移りました。といわれています。
本尊の閻魔大王坐像(国重要文化財)は仏師「運慶」の作と伝わります。
運慶は頓死をして閻魔大王の前に引き出されましたが、閻魔様の「汝は生前の貪瞋痴(とんじんち)の罪により地獄に落ちるべきところであるが、もし汝が我が姿を彫像し、その像を見た人々が悪行をなさず、善縁に赴くのであれば、汝を娑婆に戻してやろう」といわれ、現世に生き返された運慶が彫刻したといわれています。
 なお運慶は再び生き返った喜びで、笑いながら彫刻したため、閻魔様のお顔もどこと無く笑っているように見えることから「笑い閻魔」とも呼ばれてます。

円応寺縁起より

bMbQL0XZo3LmaUe1399711973_1399711984.jpg

0x1N8XlMOylVY1a1399712085_1399712094.jpg閻魔堂

LQQiqO5JtxEL7qP1399712012_1399712020.jpgかやぶきの鐘楼

PBIZpv_DFnXNIQW1399712048_1399712057.jpg
由比ガ浜にあったころの石碑

貪瞋痴(とんじんち)の三毒
私たちは毎日の生活において知らず知らずのうちに罪を犯してるのではないでしょうか。
何気ない一言が人をキズつけているかも知れません。
それは私たちに貪瞋痴(とんじんち)の三毒が備わっているからです。
仏教にける懺悔文を以下に示します。


我昔所造諸悪業(がしゃくしょぞうしょあくごう)
皆由無始貪瞋痴(かいゆうむしとんじんち)
従身口意之所生(じゅしんくいししょしょ)
一切我今皆懺悔(いっさいがこんかいざんげ)
我れ昔、造るところの諸々(もろもろ)の悪業は、皆果てしなき貪瞋痴に由る。
身口意(しんくい)に従って(よって)生ずるところのもの、すべて我れ皆懺悔し奉る


この懺悔文を閻魔大王の前にて合掌して心静かに三度唱えると、今まで犯した罪はすべて許されます。

円応寺縁起

category: 鎌倉市

tb: 0   cm: 2

何気に渡る橋にも物語がある・・・鎌倉十橋(十王堂橋)  


JR横須賀線北鎌倉駅前の通りある橋である。
名前の由来は鎌倉・室町時代、この付近に十王堂があったことに由来している。
江戸時代にはすでに跡形もなかったことが新編鎌倉誌によってわかるが、新居山円応寺が十王堂そのものである。
もちろん橋のたもとの十王堂というのではなく、昔由比ガ浜近い滑川ほとりにあって、新居閻魔堂といわれたのを、元禄時代現在地へ移転したものであるという。
十王とはいうまでも無く地獄絵の十王たちで、代表的と目されているのは閻魔大王である。
出典 鎌倉趣味の鎌倉めぐり 長峯五幸

n4ORnlutsZjoU1v1399539771_1399539781.jpg横からみた十王堂橋

鎌倉十橋掲載済みの橋(クリックすることで関連記事にリンクします)
歌の橋
乱橋

category: 鎌倉市

tb: 0   cm: 0

わがままなお地蔵さん・・・横須賀市浄栄寺  

昔、田浦(横須賀市)に住んでいた農夫が或る日、畑を耕しているとクワの先に何かが当った。
掘り出してみると地蔵だった。
農夫は自分の家の菩提寺である吉倉(横須賀市)の浄栄寺に運んでおいてもらった。
ところがその夜、寺僧の夢に地蔵が現れて、この寺ではなく隣の寺に祀ってくれるようにとお告げがあった。
目覚めた寺僧は暗い夜道を、地蔵を抱えて隣の田浦へ向かった。
同じ夜、田浦の常光寺の寺僧の夢にも地蔵が現れて、地蔵をこの寺に祀るようにとお告げがあった。
寺僧は暗い夜道をさっそく迎えるために隣の吉倉へと向かった。
二人の寺僧は吉倉と田浦の境でちょうど出会ったので、夢の話を語り合い霊夢の不思議さに驚いた。
それからずっと地蔵は田浦の常光寺に祀られ、村人から尊ばれたという。

出典 三浦半島の民話と伝説 菊池幸彦著

浄栄寺
掘り出された地蔵を最初に祀った浄栄寺

3KwcvRhnRSF3bWD1399198987_1399198996.jpg常光寺
地蔵のわがままな?希望により現在祀られている。

この常光寺には「軍艦行進曲:作曲の瀬戸口藤吉の墓があります。
赤い字をクリックするとリンクします→軍艦行進曲

category: 横須賀市

tb: 0   cm: 0

「軍艦行進曲」作曲者はここに眠る・・・横須賀市  



 常光寺のしだれ桜の近くに「軍艦行進曲」の作曲者、瀬戸口藤吉の墓がある。瀬戸口藤吉は明治元年に薩摩国(鹿児島県)鹿児島郡小川町で生まれ、明治10年に横須賀へ来て、のちに東京の海軍軍楽隊に入ったが、明治23年軍楽隊が横須賀に移ったため、それ以来横須賀に住む。明治30年ごろ、横須賀海兵団にいたときに「軍艦行進曲」を作曲し、その後マーチの形の曲にしたのは明治33年で、その年の神戸観艦式のときに演奏された。「軍艦行進曲」は戦前、海軍のシンボルとしてなじまれた。

 瀬戸口藤吉はその後、軍楽隊の向上に力をつくし、大正6年、35年間の軍楽隊生活に別れを告げ退官。退官後、東京音楽学校(現・東京藝術大学)講師などを務め、音楽の指導と作曲活動を続けていた。昭和12年、70歳で内閣情報部選定詩『愛国行進曲』の作曲に応募し1等当選し、百万枚の売り上げを記録した。昭和16年、74歳で亡くなった。

「田浦をあるく」 公式ホームページより抜粋
7NKi2Ids0xXJ_Js1399199027_1399199036.jpg瀬戸口藤吉の墓

3KwcvRhnRSF3bWD1399198987_1399198996.jpg>お墓のある常光寺本
この本堂は現在工事中で、完了までまだ時間がかかるとのことです。

本稿の記事については、「田浦をあるく」(公式ホームページ)から抜粋いました。
下記の赤字をクックすれば「田浦をあるく」にリンクしています。

公式ホームページ「田浦をあるく

瀬戸口藤吉(鹿児島)へのリンクは下記の赤字をクリックしてください
定年憂国親父のひとりごと




category: 横須賀市

tb: 0   cm: 0

ペリー来航にも驚いたが、これにはびっくり  

現在の久里浜港
「くりはま はなのくに」から見た久里浜港で、写真右の白い船は、房総半島とのフェリーです。

この話は長い生き抜いてきた体験、古いことに対する生き字引的な存在である古老の記憶を集めたもので、後へと続く世代への教訓、人生の道しるべのひとつの大きな「かがみ」としてまとめられており、今回はその中から抜粋して紹介します。
出典 古老の語るふるさとの歴史

江戸時代の末期に、アメリカの黒船四隻が久里浜沖に来たことはあまりにも勇名ですが、これに次ぐ大騒ぎが久里浜であったことはもう知る人も少なくなってしまいました。
昭和二年七月十八日早朝のことです。
猟師たちが午前三時ごろから出漁の仕度をし、四時に船出しました。
東の空が白んできた頃、通称アシカ島の北2キロの海上に見慣れないものが浮かんでいるのを発見しました。
漁師たちはイワシ鯨なら良く知っているがそれとも違うし、これが潜水艦というものだろうか、それともサメかなどと騒いでいました。
ところが夜が明けてみると、なんとそれは九頭のマッコウ鯨ではありませんか。
しかも潮を吹いているのまではっきり見えます。
イワシ鯨は真上ですがマッコウ鯨は前方に噴出すので判るのです。
みんなあれは親子だと話しながら見ていました。
ーーーーーーー中略ーーーーーー
午後三時、夕網の仕度のため浜へでて驚きました。
なんと朝の鯨が潮に流され久里浜港の真ん中に浮かんでいるのです。
村中が大騒ぎになり。ワイヤーを使って捕ろうということになりました。
舟を引き上げるワイヤーに地引網のロープをつなぎ、引き網を二本つけました。
綱の長さは全体で六百間(約1080m)になったと思います。
なんとかワイヤーを鯨の尾っぽに結わえたものの三百人もの村人総出で掛け声とともに力いっぱい引くのですが、鯨も負けていません。何時間か何時間か悪戦苦闘しましたが、夕闇もせまり仕方なくペリーの記念塔に結わえられました。
翌日、浜辺にはうわさを聞きつけた町の人々や県内はおろか他県からも押し寄せ広い砂浜は何千人という人で大騒ぎ。
この騒ぎが一週間くらい続きました。
水産会社の人が来て、最初に捕らえたのが父親鯨、逃げたのが母親鯨そして七頭はみんな子供鯨だったということです。

話 久里浜・山本松蔵氏)

以下の写真は、「くりはま はなのくに」の園内です。
f0h5YjYPocFJ5uj1399030488_1399030497.jpg公園内を走る電車

8IzKb2DjlmxDx_m1399030523_1399030533.jpg花畑

XG1fU6Vy8Aw8Ka_1399030629_1399030647.jpgトウカエデ
カエデ科落葉高木
原産地は中国・・・唐楓とも書く

category: 横須賀市

tb: 0   cm: 2

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。