FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム »2014年06月14日
2014年06月の記事一覧

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

桜田門外の変を起こした犯人の一人がこの寺に・・・上行寺(鎌倉  

上行寺山門
法久山大前院上行寺(ほうきゅうさんだいぜんいんじょうぎょうじ):日蓮宗
開山は日範で正和二年(1313)創建
本尊は一塔両尊(題目塔と釈迦・多宝如来)で、ほかに日蓮上人像と日範上人像を安置する。
本堂右手にある稲荷堂は瘡守稲荷と呼ばれ、皮膚病ほか諸病に効験ありということで知られており、、その道内の左側は稲荷堂と区別され鬼子母神(きしもじん)を祀っている。
qwvqAbp8jk4M4RM1402745316_1402745326.jpg瘡守稲荷堂
Jx9OGW_BEFaV4XQ1402745368_1402745377.jpg瘡守稲荷
写真にはありませんが、瘡守稲荷の左側に鬼子母神が祀られています。
ーここまでー出典 鎌倉史跡散策 神谷道倫


なお、この寺の寺伝によれば、おできに苦しんだ頼朝が政子とここにお参りしたところ、治ったとのことである。

桜田門外の
井伊大老を襲撃した水戸浪士の一人である広木松之助については次のような話が残っています。
広木は桜田事変ののち、探索の網をくぐって、鎌倉に逃れ、材木座にのある魚屋の家に潜んでいました。
しかし、そのうちどうも捕史の目が光ってきたようなので、ある夜(冬の寒い晩だったそうです)魚屋のお内儀さんが広木を背負籠の内に隠して上行寺に運び込み、住職の通善和尚に事情を打ち明けて、彼をかくまってくれるよう頼みました。
広木はこうして一年ばかり上行寺にかくまわれていましたが、同志の人たちが皆刑死したり自殺したことを風の便りに聞き知ったのでしょうか。
事変後二年たった文久二年(1862)の三月、上行寺の縁側の南東の端で切腹して果てました。

ー以上 つれづれの鎌倉 沢 寿郎
I3yJbo9g2mbYteV1402745408_1402745417.jpg広木松之助の墓

スポンサーサイト



category: 鎌倉市

tb: 0   cm: 1

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop