FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム »2014年07月02日
2014年07月の記事一覧

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

江の島の裏側にこんな悲恋物語が・・・稚児が淵  

稚児が淵

江の島の裏側(相模湾側)に稚児が淵というところがあり、ここから眺める富士山夕焼けの相模灘の美しさは、まさしく「かながわ景勝50選」のひとつに数えられるものです。
ここの稚児が淵にまつわる話として次のような話がのこっています。


むかし、八幡宮の相承院に白菊という信夫(福島県)生まれの美しい稚児がいました。
稚児は、建長寺広徳院の自休和尚に大変可愛がられていました。
あるとき、白菊が自休を訪ねると、和尚は碁をうってて囲碁に夢中でした。
白菊が「和尚様はいられますか」と取次ぎの男に頼むと、その男は多少変な男で、よく部屋の中を確かめないで、障子の外から白菊の来たことを告げました。
そのとき偶然にも、自休の石は死石となったので「死んだー」と叫びました。
取り次いだ男はこれを「死んだ」と聞き間違え「和尚は死んだ」と伝えました。
白菊はこれに驚き悲しんで、「白菊のしのぶ里の人とわば思い入り江の島と答えよ」との歌を残してこの淵に身を投げました。
自休もその後を追ったという。

出典 鎌倉案内 小澤 彰

aleCkyET6wrmos91404298432_1404298443.jpg稚児が淵のがけ上から相模湾を望む

スポンサーサイト



category: 藤沢市

tb: 0   cm: 1

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop