FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム »2014年07月04日
2014年07月の記事一覧

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

奥津宮・・・江の島神社  

_lrPf5QKdLWQ1J51404465306_1404465314.jpg奥津宮(江の島神社

江の島島内三ヶ所のお宮(辺津宮・中津宮・奥津宮)を総称して江島神社といいます。
江島神社は、福岡県の宗像神社と同じく、多紀理比賣命(たきりひめのみこと)、市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)、田寸津比賣命(たきつひめのみこと)の三柱の女神を祀ってます。
奥津宮は三女神のうち多紀理比賣命をお祀りしています。
昔は「本宮御旅所」と称されていました。この由来は、岩屋本宮に安置してある仏像を、岩屋本宮に安置してある仏像を、岩屋付近の荒い波から避けるため毎年四月中旬から十月中旬までここに遷座したことによります。
天保十二年(1841)に焼失し、翌十三年に再建されたものが現在の社殿です。


nk35ysPVRBT28s51404465227_1404465238.jpg奥津宮鳥居
鎌倉幕府を開いた頼朝は政治の方策としての信仰を、大きく取り上げ、各地に社寺伽藍を創建したが、そのひとつとして江島神社にも数度にわたって参詣、参籠しそのつど信仰上の対象を寄進しています。
吾妻鏡によれば「頼朝は養和二年(1182)奥州平泉の藤原秀衡を調伏するため、京都高尾神護寺の文覚上人に命じて弁才天を岩屋に勧請し、参詣の際には鳥居をしました」とあります。
現在の鳥居は平成十六年(2004)の台風で破損し補修されたものですが、頼朝寄進の鳥居は、これに似たものが建てられたと伝えられています。


mu0gyy_0SAsFKe11404465347_1404465370.jpg八方睨みの亀の絵
江戸時代、享和三年(1803)画家・酒井抱一が描いた「正面向亀図」です。
どこからみてもこちらを睨んでいるように見えるところから「八方睨みの亀」と呼ばれています。
正面向きの亀を桐材に金箔を押し、強い線で描かれ、元は胡粉、緑青、丹色で彩色されていました。
原絵は海風の浸害から守るため、江島神社宝殿に納められています。

(お参りするとき、天井を見てください)

h9X_Uj_ILoIeyLI1404465266_1404465278.jpg亀甲石
古い標文に「鎌倉四名石のひとつで、またの名を「蔵六石という」とあります。
「武江年表」に文化三年(1806)弁秀堂という人が弁才天を信奉して金光名最勝王経(こんこうみょうさいしょうおうきょう)を写経しここへ納め、上に置く石を探したところ、亀の形をした石を発見したので江の島に奉納したと書かれています。
大いちょうの木の下に置かれています。

出典 案内板より

スポンサーサイト



category: 藤沢市

tb: 0   cm: 0

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop