FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム »2014年07月08日
2014年07月の記事一覧

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

子供二人を鷲(わし)にさらわれた・・・塔の辻(鎌倉)  

塔の辻
鎌倉彫り「寸松堂」脇の路地を入ったところにあります。

5VEuQK5NSRQJgPP1404814806_1404814816.jpg辻の石塔
寸松堂前の理髪店左脇にあります

里俗の云、由比長者太郎太夫時忠と云者、三歳の児を鷲につかまれ、方々尋ね求めて、道路に棄てたる骨肉のある所ごとに、是やわが子の骨肉ならんかとて、菩提のために立てたる石塔なり。
この故にところどころに塔の辻と云ところ多し。「新編鎌倉志」
「新編鎌倉志」はさらに、染屋太郎太夫時忠は、関東八カ国の総追捕使として下ってきた人物で、藤原鎌足の子孫でもあり、東大寺の初代の別当となった良弁僧正の父であるとも説明している。
良弁もまた鷲にさらわれて東大寺の杉の木の下に落とされた人である。
すると、染屋太郎は子供二人まで鷲にさらわれたことになる。
鎌倉大町の妙法寺も辻の寺の呼び名があり、寺には幼子が鷲に乗った神様が祀られ、鎌倉のお酉様として信仰される。

出典 鎌倉もののふと伝説の道を歩く 大貫昭彦

スポンサーサイト



category: 鎌倉市

tb: 0   cm: 0

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop