FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム »2014年10月06日
2014年10月の記事一覧

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

鎖大師・・・青蓮寺  


青蓮寺山門
弘仁十年(819)、東国を巡錫していた空海(弘法大師)が鎌倉の地(青蓮寺の裏山)で一七日(いちしちにち)七日間の護摩の秘法を修行していたとき、美しい天女(江の島弁天様)が現れて力を貸してくれた。
大師が無事修法を終えたとき、天女は一粒の仏舎利(骨)を大師に託して池に姿を消してしまった。
その仏舎利を密教の法具である五鈷に納めて一夜を過ごし、翌朝目覚めると、池に青色の美しい蓮華の花が咲きそろっていたという。
飯盛山(はんじょうさん)仁王院青蓮寺(におういんしょうれんじ)の寺号はその故事にちなんでいる。
また別名「鎖大師」という名の由来は、本尊の弘法大師の両足の間接が鎖でつながれているため、自在に動かせるようになっているところからきている。
江戸時代初期の「新編鎌倉志」等覚院の項に「弘法自作の木造大師像あり。鎖大師と言う也、鎖を以って膝を屈伸するように作る故に名づく」とある。
信仰上の意味としては「大師様を信仰する人と大師様が、鎖のように強いご縁で結ばれますように」との祈願が込められている。
出典 鎌倉の寺小事典 かまくら春秋

aLbe6snm0lUw9z51412587226_1412587237.jpg青蓮寺本堂

hMsBQeFozmZx9Wo1412587316_1412587327.jpg青蓮寺鐘楼






スポンサーサイト



category: 鎌倉市

tb: 0   cm: 1

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop