FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム »2014年10月12日
2014年10月の記事一覧

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

偶然出来た「久寿餅」・・・川崎大師  

久寿餅

久寿餅」の伝説
くず餅は川崎大師の名物となっている。
普通葛餅と書くが川崎大師では「久寿餅」と書き、次のような伝説がある。
昔、天保のころという。
大師河原に久兵衛という百姓がいた。
ある年のこと、幾日も雨が降り続いて久兵衛は、納屋にしまっておいた小麦粉を水浸しにしてしまった。
もったいないときれいに洗って樽に入れてしまっておいた。
次の年は日照りが続き、作物ができず飢饉になった。
食べられるものは食べつくしてしまった久兵衛は、樽に入れておいた小麦粉を思い出して蓋を取ってみると、発酵して匂いがあるが底にはきれいなデンプンが沈んでいた。
それを蒸して団子をつくって食べてみるとうまかった。
久兵衛は喜び、大師の住職隆盛和尚のところへ持っていった。
和尚は「これはこれは、淡白で上品な味覚。どうじゃ、これを大師のみやげ品として売り出さんか」と舌鼓をうった。
久兵衛はみやげになるといわれて恐れ入ったが、住職はその名をつけてくれた。
「くずもちとしなさい。「く」は久兵衛の「久」をつける。「ず」は長寿の「寿」をつける。
すれば久しくめでたいということになる。
出典 神奈川ふるさと風土図 萩坂 昇

QDEEn8j9VbjGRz_1413106614_1413106627.jpg




スポンサーサイト



category: 川崎市

tb: 0   cm: 2

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop