FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム »2014年10月24日
2014年10月の記事一覧

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

史跡公園として復活するか・・・永福寺(ようふくじ)遺跡  

There is English version
Pleas click "---Guide in English---"under this page

永福寺遺蹟碑

いま建物はすべて滅び、池の形や石などから盛時を偲ぶほかないが、薬師堂と阿弥陀堂とが二階堂を挟み、三重塔や釣殿も建ちそうな豪華な伽藍であったらしい。
あとのことになるが貞応二年(1223)の紀行記「海道記」(源親行作というが、偽作との説もある)は「ひがしの山のすそに臨て二階堂を礼す。是も余堂のたくしきして感嘆をよびがたし。第一第二の重縁には玉のかはら鴦(おしどり)の翅(はね)をとばし、両目両足のならび給へし台は金の盤鶴灯をかかげたり。
大方魯(ろ)般意匠窮て、威風天に望むにすずしく、ビシュ功をつくせり。発露人の心にもよほす。見れば又山に曲木あり。
庭に怪石あり。地形のすぐれたる仏室というべし・・・・・・・」
とたんかくしている。美文特有の誇張もあるだろうが、建長・円覚寺両寺や大仏も出現していなかった十三世紀前半の鎌倉ではひときわ異彩を放つ寺院であったに違いない。
だが永福寺も何回か火災に襲われ、鎌倉幕府滅亡後は衰退の路をたどり十五世紀ごろには姿を消した。
出典 鎌倉古寺巡礼 三山 進
12fZmDD5RpvhuuI1414144411_1414144420.jpg遺跡採掘現場

zKMmfM1nb5MUCRc1414144445_1414144473.jpg永福寺復元想像CG
(CG製作:湘南工科大学)
永福寺(ようふくじ )跡
永福寺は源頼朝が建立した寺院で、源義経や藤原泰衡をはじめ奥州合戦の戦没者の慰霊のため、荘厳なさまに感激した平泉の二階堂大長寿院(中尊寺を模して建久三年(1192)に工事に着工しました。
鎌倉市では、史跡の整備に向けて昭和五十六年(1981)から発掘調査を行い、中心部の堂と大きな池を配した庭園の跡を確認しました。
堂は二階堂を中心に左右対称で、北側に薬師堂、南側に阿弥陀堂の両脇堂が配され、東を正面にした全長が南北百三十メートルに及ぶ伽藍で、前面には南北百メートル以上ある池が造られていました。
鎌倉市では、昭和四十二年(1967)から土地の買収を行っており、現在史跡公園として整備事業を進めています。
鎌倉市 教育委員会
リンク先は岩手県「平泉観光協会」です。






-- Guide in English --
スポンサーサイト



category: 鎌倉市

tb: 0   cm: 2

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop