FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム »2014年10月30日
2014年10月の記事一覧

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

頼朝が鎌倉に造った三大寺院の一つ・・・勝長寿院旧跡  

V1l3aCNx_LLju4o1414660708_1414660727.jpg勝長寿院旧跡碑
勝長寿院は、源頼朝が父義朝の菩提を弔うために建立した寺で文治元年(1185)十月二十四日に落成し、堂供養が行われた。
「吾妻鏡」はその盛儀の様子を、それに先立つ同年九月三日には京から鎌倉に届けられた義朝の遺骨を、従者正清の遺骨とともに埋葬したこと、十一月には宅間為久が描いた堂の壁画が完成したことなど一連の出来事とともにつたえている。
勝長寿院は、鶴岡八幡宮寺・永福(ようふく)寺とともに頼朝が鎌倉に創建した三大寺院の一つに数えられた。その壮大さから「大御堂」とも呼ばれた。

QwKBwlXo1Xw28yJ1414660757_1414660766.jpg義朝(左)と従者正清の墓
大姫の病気見舞いに静御前が舞った
文治二年(1186)五月二十七日の夜に、この寺に参籠中の頼朝の娘大姫は、静御前を召して舞を見ることがあった。
静御前はこの年四月八日、鶴岡八幡宮若宮回廊において白拍子の舞を披露して「上下皆興感を催す」というできばえであったが、病身の大姫を慰めるため、大姫の母政子が配慮して召したと思われる。
暗殺された実朝、政子の遺骸もここに葬られた
承久元年(1219)一月二十七日鶴岡八幡宮社頭で源実朝の遺骸は、翌日火葬に付されてこの寺の境内に葬られ、貞応二年(1223)に勝長寿院の奥に新御堂と御所を建立して、晩年はそこに住まっていた政子も、嘉禄元年(1225)七月十一日に没すると火葬のあとやはり境内に葬られた。
しかし江戸時代にはすでに礎蹟すら認めがたい廃寺と化し、現在は静かな谷戸の住宅地の一角に石碑・石塔によってその跡を知るばかりである。
出典 本文はすべて「深く歩く鎌倉史跡散策」 神谷 道倫
源実朝・北条政子の墓は現在「寿福寺」にあります。





スポンサーサイト



category: 鎌倉市

tb: 0   cm: 4

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop