FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 箸休め »新婚夫婦にはきつい庚申?

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

新婚夫婦にはきつい庚申?  

庚申とはなんだ!

庚申塔は、十干十二支の組み合わせで「かのえさる(庚申)」の日とし、六十日に一度巡ってくる。
中国の道教の教えでは、人間の体内に三尸(さんし)の虫がいて、庚申の晩、人が寝付くと体内から抜け出して、天帝にその人の罪悪を告げ、命を縮める。
長生きを希望する人は、庚申の晩は身を慎み、徹夜をして三尸の虫が体外抜け出すのを防いだ。
村人が講を作り、輪番制で一晩中飲食を共にし、一夜を明かした。
これは新婚夫婦にとっては、かなりの苦痛を強いられたとも言う。

これを庚申講といい、一部の人たちで続けているところもある。

当時は各村の地境に建てられ、道の目印や隣接の村境とし、他の地区より悪霊や疫病の進入を防ぐのに建立した。



スポンサーサイト



category: 箸休め

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/13-290323d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop