FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 横須賀市 »大和武尊と弟橘媛命の悲しい別れ・・・走水神社(1)

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

大和武尊と弟橘媛命の悲しい別れ・・・走水神社(1)  

20130304001.jpg走水神社

走水の地名はすでに古事記(712年)や日本書紀(720年)の中に表れています。大和朝廷時代には、上総(千葉県)を経て、東北地方に渡る最も便利な道として、この地に古東海道が通じておりました。走水神社の祭神は大和武尊とその后弟橘媛命の二柱です。
神社の創建された年代については享保年間の火災で、神社の記録や社宝が焼失してしまったのでわかりません。
伝説では景行天皇即位40年(110)、東夷征討の命を受けた大和武尊がこの走水から上総へ渡られるにあたり、村民に冠を賜れましたので、冠を石櫃に納めて、その上に社殿を建て、大和武尊を祭ったことに始まると伝えられています。
大和武尊が渡海の際、海上が荒れて今にも舟が沈みそうになりました。
海神の怒りであると考えられた弟橘媛命は、
  
さねさしがむのをぬにもゆるひの
   ほなかにたちてとひしきみはも

の歌を残し、大和武尊に代わって海に身を投げ風波を鎮めました。弟橘媛命は、もと旗山崎に橘神社として祭られていましたが、その地が軍用地に買収されたため、明治42年この神社に祭られました。

古代稲荷社跡地
西暦110年10月大和武尊の一行が、東征の途中上総国に渡る際、この地走水を訪れ、蝦夷征討の祈願をしたと伝えられる跡地です。
走水神社の裏山の中腹辺りにあります。



powered by 地図Z

スポンサーサイト



category: 横須賀市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/157-14340d4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop