FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 横須賀市 »平安時代からあった?十二所神社

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

平安時代からあった?十二所神社  

2013030901.jpg十二所神社(横須賀市佐島)
明治の初期の頃までは三浦十二天または十二天明社と呼ばれていました。
祭神は天地創造の神話に登場する天の神国常立尊(クニトコダチノミコト)から七世代、地の神天照大神から五世代の神々です。神社の確実な創建時代については不明です。
現在の横須賀市立大楠小学校門前に城山と言われている台地があり、そこに三浦大介義明の弟三郎為清の館があったと伝えられ、その鎮守として祭られたのがこの神社であると言われています。
また一説には、この神社の裏山から平安時代末期の布目瓦が出土しており、すでに相当規模の集落をなしていたことが明らかになっております。
当神社のいわれに「平安時代には十二天といわれ」とあることがうなずけます。
いずれにしても古い歴史をもった神社であることがうかがえます。
寿永元(1182)8月、源頼朝は妻政子の安産祈願のため、箱根権現や伊豆山権現など近国の十二社に特使を派遣しました。この神社もその一社に選ばれました。源平合戦一の谷で勇名をとどろかせた三浦大介義明の子佐原十郎義連が頼朝に代わって参詣をしております。
天正19年(1591)11月には徳川家康から社領として朱印二石の寄進を受けています。さらに文政2年(1819)3月13日には会津藩士松平容衆(マツダイラカタヒロ)の代理として、郡奉行石沢義則が盛大に祭りを行ったことが記録として残っています。



powered by 地図Z

参考:十二所とは
十二柱の神々の意で、天神七柱と地神五柱を祭神とするから十二所神社という。
スポンサーサイト



category: 横須賀市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/164-ce7fbae6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop