FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 横須賀市 »一刀三礼の仏像が本尊・・・曹源寺

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

一刀三礼の仏像が本尊・・・曹源寺  

20130329201.jpg曹源寺本堂
当寺は東光山(古は三秀山)層言寺(昔は宗元寺または宗源寺)と称し、逗子市沼間海宝院の末寺で曹洞宗である。寺伝によると天平中(729~48)僧行基草創の古道場であった。
本尊は行基が「一刀三礼(いっとうさんらい)」して彫刻した薬師の像であるという。
建久3年8月、頼朝夫人の安産の祈祷として国中の諸寺に読経せしめしとき当寺もその一つであった。
元弘の乱(元弘元年~3年(1331~1333)に北条氏が滅ぼされていわゆる建武の中興を導いた内乱)の兵火にかかりて堂宇悉く烏有に帰しただ寺名のみ久しく残り伝えられていたが、後県令長谷川七左衛門長綱が再建し、霊屋禅師を迎えて中興の開祖とし、そのとき寺号を曹源寺と改めた。
本尊の薬師如来の像高は3尺、行基の作。
薬師の脇侍の日光菩薩と月光菩薩は像高2尺8寸、鎌倉の仏師運慶の作。
薬師のそばに人々を守る軍神として12神将が祀られ、神将の像高は2尺9寸運慶の作。この像は建仁元年(1201)平政子の寄付なりという。
慶長4(1599)2月22日薬師領3石を賜る。
一刀三礼(いっとうさんらい)仏像を彫る態度が敬虔なることをいう。
一刻みごとに三度ずつ礼拝する。
写経の一字三礼も、図象を画くときの一筆三礼も同じ精神を込めている。

十二神将は鎌倉末期の作で、昭和41年神奈川県重要文化財に指定された。
出典 「三浦半島の仏教寺院と神社」高木俊雄著
鐘楼
六地蔵

巳神将像(十二神将のうち)
国指定重要文化財木造十二神将立像 12躯
十二神将は薬師如来の眷族(けんぞく)で十二薬叉大将とも呼ばれ、如来の十二の大願に応じた神といわれる。
如来の周囲を取り巻いて守護するのでいずれも甲冑をつけた武将の姿で表されている。
また昼夜十二時の護法神ともされ、十二支の動物を頂く。
像の構造は割刳造り(わりぐりづくり)と寄木造りで一様ではなく、それぞれに玉眼を嵌入する。
像高は70~90センチほどである。
その作風は軽快で変化のある姿態を表現しており個性的な面部の表情などもいきいきして力感がありすぐれた彫技を見せている。
戌神将の像内に「建久の頃の仏なり」という墨書があり建久年間(1190~1199)頃である鎌倉時代の初期の作と考えられる。現在まで12躯揃いで伝像されてきたことは貴重である。
横須賀市教育委員会


powered by 地図Z

①曹源寺 JR衣笠駅から歩行距離:約1.07キロ
②黒門 曹源寺から黒門までの歩行距離:約1.44キロ
黒門から京急横須賀中央駅までの歩行距離:約1.9キロ
スポンサーサイト



category: 横須賀市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/195-c196de2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop