FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 横須賀市 »砂村新左衛門夫妻の墓・・・正業寺

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

砂村新左衛門夫妻の墓・・・正業寺  

2013040501.jpg御霊山正業寺本堂
水子地蔵
六地蔵
木造阿弥陀如来坐像
横須賀市指定重要文化財;木造阿弥陀如来坐像本像は正業寺本堂須彌壇上に安置される本尊阿弥陀三尊のうち、中尊阿弥陀如来像です。法衣を偏組右肩に着し右手は胸前で屈して掌を前にし、左手は膝上に誉を仰ぎ、ともに第1第2指を捻じて上品下生の来迎印を結び蓮台上に右脚を上にして結跏趺坐しています。
像は寄せ木造り、玉眼入り、漆箔で肉髻珠及び白毫に水晶をはめ込んでおり、像高52.2cmで、総体的によく保存されています。
現在像内銘などの確認が出来ないため、作者はもちろん造立時期についての資料はありませんがその洗練された強い作風から藤原様式を受け継いだ鎌倉時代の作品と推定されます。
東国地方では類例の少ない違例であり彫刻史上でも資料価値の高い作品です。
横須賀市教育委員会

砂村新左衛門夫妻の墓
横須賀市指定市民文化資産
安山岩製の尖頭方柱形の墓で、花立及び小盤を上面に彫り付けた台石上に立てられています。
正面に右から   寛文七年未十二月十五日・・・・新左衛門の没年
           法名真悦 不納位
           法名妙忍 禅定尼
         萬治三季子七月二十七日・・・・妻女の没年

砂村新左衛門は越前国砂畑(福井県鯖江市)の出身といわれ(越前藩「御家御代々記」)、横浜の野毛新田(後の吉田新田)の開発に関係し、その経験をもって内川新田(横須賀市久里浜)の開発(完成当初高360石、のち585石余)を行いました。
後に江戸宝六島(東京江東区砂町)も開発しました。
砂村新左衛門は横須賀市内における最大の新田工事である内川新田を萬治3(1660)から寛文7年(1667)までの八ヶ年を費やして完成させました。
久里浜の夫婦橋袂にある内川新田開発記念碑には、新田開発にあたり水門がしばしば壊れ、八ヵ年の苦労と神仏の加護によりようやく完成したと刻まれています。
横須賀市  
夫婦橋と内川新田へのリンクは下記の赤字をクリックしてください
夫婦橋と内川新田
新田開発に伝わる伝説については下記の赤字をクリックしてください
貧しさゆえの悲哀
スポンサーサイト



category: 横須賀市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/203-437881fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop