FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 三浦市 »安房崎と州の御前

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

安房崎と州の御前  

2013041341.jpg今では古い祠だけが残る州の御前
林の奥に石祠
州の御前  
州の御前前の安房崎灯台

安房の国といえば当地より望見する南房総(千葉県南部)一帯をいいますが、その安房に向く岬という意味から安房崎の名がついたと云われています。
海のかなたにあこがれる人の心は昔も今も変わりはありませんが、往時この岬に立って海越しに安房の国を眺めた人の想いはどのようであったでしょう。
州の御前社は、三崎の海南神社の祭神藤原資盈の家臣四郎を祀ったといわれていますが、この祭神石を噛み砕き、鉄を爪で切るほどの勇猛大剛なので始め州荒御前と称したといわれます。
境内には源頼朝が州の御前社参詣の折に催した宴に使った楊枝を挿したのが育って、周囲3m余にもなった「びゃくーん」の大樹がありましたが、貞享3年(1686)4月①大風の日、自然発火して焼失したと伝えられています。
安房崎の「はな」は海中に突出した磯のため浅瀬が多く、航行する船舶の難所であったため、昭和37年現在ある白亜のスマートな無人灯台が設置されました。
三浦市

①この頃の時代背景
•1684(貞享1)年:大老堀田正俊が江戸城中で若年寄稲葉正休に刺殺される。
•1685(貞享2)年:将軍綱吉が最初の生類憐みの令を出す。
•1686(貞享3)年:熊沢藩主の『大学或問』ができる。
•1686(貞享3)年:井原西鶴の『好色五人女』が発刊される。
•1687(貞享4)年:東山天皇即位。



powered by 地図Z

スポンサーサイト



category: 三浦市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/226-3e670ea7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop