FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 横須賀市 »雨乞いの貴船

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

雨乞いの貴船  

池上神社
祭神:天照皇大神、八幡大神、闇龗神(くらおかみのかみ)、素戔嗚尊、猿田彦神、淤母陀琉神
例祭日:七月最終日曜日
由緒;往古当地に白髭社、貴船社、第六天の三社があった。この三社の創立年代は不詳であるが、白髭社の寛永十六年(1639)の棟札が現存し、また「相模風土記」に「貴船社に元禄十年(1697)の棟札あり」と記されており、少なくとも江戸初期まで潮り得る。
第六天については不明であるが、三社共村中のものと記録されている。これら三社は明治四十年一村一社の令により、衣笠神社へ合併されたが、村民氏子は氏神様としての信仰の念を断ち切れず、旧跡に一宇を建て崇敬してきた。昭和二十一年宗教信仰の自由が認められ、ご神体を衣笠神社より持ち帰り、現在の地に前期六神を合祀して「池上神社」と改称した。
出典 池上神社
 





ある年の夏のこと、三ヶ月もの長い間雨も降らずに旱魃(かんばつ)が続いた。田畑は乾いてひび割れし、作物は枯れ、飲み水にこと欠くありさまであった。村人は精霊をまねいて雨乞いの作法をしたけれども、とんと効き目はなかった。
ある日のこと、白い着物を着た白い頭の老人が小舟に乗って池上の入江にやってきた。老人は旱魃に苦しむ村人を憐れんで、空を見上げて一心に祈りを捧げた。すると一天にわかにかき曇り大雨が降り出した。村人はあれよあれよと驚き喜んでいるうちに老人の姿はどこへやら消えて、小舟もいっしょにその影はなかった。村人はこの老人をおそれうやまって白髭神社に祀り、舟を貴船神社に祀り、のちにこの二社は池上神社に合祀された。
出典 「三浦半島の民話と伝説」菊池幸彦著



powered by 地図Z

スポンサーサイト



category: 横須賀市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/262-d6df4608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop