FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 横須賀市 »厄除けの槙(まき)

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

厄除けの槙(まき)  

本堂

当山は天文二十一年(1552)①三月、妙応院日然、現在地の南字、明登山の麓に小庵を建て、立正安国の法華経弘道の道場とされた。
その後、永禄二年(1559)②十月第三世智教院日昌、堂宇を現在の栄地谷(えいじやと)に建立し、山号を明登山、寺号を大蔵寺と命名し今日に至る。
出典 大蔵寺

の頃の時代背景
•1549(天文18)年:フランシスコ・ザビエルが鹿児島でキリスト教を伝える。
•1550(天文19)年:ザビエルが山口・京都で布教。
•1551年:オランダ人がマラッカを占領。
•1551(天文20)年:勘合貿易の廃絶。
•1553年:明の王直が倭寇の題目として浙江地方を荒らし回る。
•1553(天文22)年:信濃の川中島で武田信玄と上杉謙信が戦う(川中島の戦い:この後1564年までの間に五回戦う)。
の頃の時代背景
•1558年:イギリスのエリザベス一世が即位。
•1559(永禄2)年:織田信長、上杉謙信がそれぞれ入京、将軍義輝に謁する。
•1560(永禄3)年:織田信長が尾張の桶狭間で今川義元を破る(桶狭間の戦い)。


二代目槙(まき)
厄除けの槙宝暦四年(1754)当山十世日性上人が霊感により、三内鎮護と村内守護も厄除け稲荷尊を勧請した折植えられたと伝えられ、二百四十余年の間ご参詣の皆様をはじめ、当山の移り変わりを見守りし、御神木槙の大樹(鎌倉と三浦半島の古木名木五十選の木)
平成八年(1996)九月の台風により根こそぎ倒壊しました。
この槙の木は大樹の実が山内に落ち成長した木で、これから大樹に代わりご参詣の皆様を見守り続けるでしょう。
出典 大蔵寺



powered by 地図Z

スポンサーサイト



category: 横須賀市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/267-de4d86c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop