FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 三浦市 »原の身代り地蔵

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

原の身代り地蔵  



当寺は、真浄院と呼び、三崎の鎮守海南神社の分離以前の寺で海汐寺といった。本尊は地蔵菩薩であります。
この地蔵尊にまつわるこんな話が伝えられています。
その昔、北條早雲の軍勢に攻められること三年、いまや兵糧も底をつき、刀折れ矢尽きた新井城の三浦道寸義同(みうらどうすにょしあつ)は、永正十五年(1516)七月十一日、城兵一同自刃するか、城門を開いて最後の決戦を交えるかで衆議を重ねましたが、結果は決戦と決まり、その由を三崎城を守備する将、出口茂忠に伝えるべく伝令を出しました。
伝令を命じられたのが原の川島吉隆の家臣・川島身七で、海を泳ぎ渡り、木陰をえらんで敵兵の目をかすめ、苦労のすえ任務を果たしましたが、城に帰る道すがら油壺の海を染めた血潮を見て、戦いが終わったことを知りました。
一方、北條勢は一部の兵を新井城に残すと、三浦の残兵をとらえながら三崎城に兵を進めました。身七は山中を這うようにして追手の目をのがれ、この地蔵堂の下にかくれていたが運悪く発見され、たちまち首を切り落とされてしまいました。
ところが、追手の兵が切ったのは身七の首ではなく地蔵尊の首でありました。これは床下で身七が地蔵菩薩を念じていたので、いつか菩薩が身代りになってくれたのでした。
その後、慈悲溢れる地蔵尊の徳を慕い、身七はこの地蔵堂で剃髪して「地蔵坊身七」と名のり、新井城に散った道寸以下の人々の霊を慰めて一生を送ったと伝えられています。
<三浦市>

堂内の模様

六地蔵尊



powered by 地図Z

地図の右下「この地図の詳細」をクリックして下さい。地図左側の「ナビゲーション」に歩行距離がでます
スポンサーサイト



category: 三浦市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/286-82c4b033
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop