FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 三浦市 »通り矢の地名は・・・

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

通り矢の地名は・・・  

白秋文学


 通り矢と城ヶ島辺に降る雨の
   間(あい)の入海舟わかれゆく

 しみじみと海に雨ふり澪の雨
  利休ねずみとなりけるかも


北原白秋が住んだ大正の初め、新しいイカ漁法が開発されるなど沿岸漁業は黄金期を迎えようとしていました。
一日のイカ漁を終え、白帆をあげた漁船の群れが通り矢の鼻を次々と駆け抜けていく様子は、当時三崎漁港ならではの風物詩でありました。
通り矢は白秋が最初に居を構えた向ヶ崎異人館の正面にあり、朝夕の散歩道でもあり、見事なスケッチも画いています。

通り矢の地名

永正十三年(1516)七月十一日、新井城(油壺周辺)が落城して三浦氏が滅亡したあとの三崎は、北条早雲が支配するようになりましたが、その後、安房(千葉県南部)の里見義弘がこの良港三崎をねらい、弘治二年(1556)三月、里見軍は兵船八十余隻をもって三崎に来襲しました。
以来、幾度か争いが繰り返されましたが、その際、里見の兵の矢が海峡を射通したので「通り矢」の地名がついたといわれています。
また一説には、源頼朝が三崎に遊覧したとき、この通り矢から対岸の城ヶ島の遊ヶ崎(あそびがさき)へと見通す岩礁、矢立ヶ根に的を立てて小笠懸(おがさがけ)をして遊んだ。このとき、矢が間を通ったので地名になったとも伝えられています。
<三浦市>

城ヶ島大橋
通り矢から城ヶ島を望む(画面左が城ヶ島)



powered by 地図Z

地図右下の「この地図の詳細」をクリックして下さい。地図のナビゲーションに歩行距離が出ます
スポンサーサイト



category: 三浦市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/288-f972c67c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop