FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 横浜市 »仏典といっしょに来た唐猫

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

仏典といっしょに来た唐猫  

山門(国の史跡)
称名寺全景

金沢山称名寺(きんたくさんしょうみょうじ)は、十三世紀半ばに創建された金沢北条氏一門の菩提寺で、「木像弥勒菩薩立像」(もくぞう7みろくぼさつりゅうぞう)(鎌倉時代、重要文化財)を本尊としています。
もとは、鎌倉幕府の重臣北条実時(1224~1276)が邸宅内に設けた阿弥陀堂から始まったと言われ、はじめは念仏の寺でしたが、のち真言律宗に改められました。二代顕時(あきとき)(1248~1301)が受け継ぎ、三代貞顕(さだあき)(1278~1333)の時代に大規模な造営が行われました。元亨(げんこう)三年(1323)「称名寺絵図」(重要文化財)には、苑池のまわりに七堂伽藍を配置した最盛期の称名寺の様子が描かれています。また寺に隣接して設置された文庫には、貴重な文物が収集されていました。その一部は寺と神奈川県立金沢文庫に継承されています。


称名寺塔頭光明院表門
称名寺塔頭光明院表門(しょうみょうじたっちゅうこうみょういんおもてもん
光明院は、称名寺の塔頭の一つで、「新編武蔵風土記稿」に「光明院 仁王門に向って左にあり、五院の第一臈(ろう)なり、本尊地蔵春日(はるひ)の作なり」とあり、江戸時代後期には、五つの塔頭の一位を占めていました。この表門は、小規模な四脚門ですが、和様を基調に禅宗様を加味した意匠となっています。また市外から近年移築された三渓園の建造物などを別にすれば、造営年代が判明する市内の建造物の中で最も古く、極めて基調です。
<横浜市教育委員会>

称名寺と猫についての話
鎌倉幕府があった時代に鎌倉の外港として栄えたのが六浦(むつうら)という港町。その六浦の金沢に称名寺がある。鎌倉時代に六浦一帯を治めていた金沢北条氏の菩提寺となった称名寺が建立されたのは文永四年(1267)のこと。金沢にあった北条実時の別荘に持仏堂を建てたのが始まりとされている。
当時の金沢には中国から渡ってきたという唐船の伝説があったそうだ。
中国から一切経などの経典をのせた三艘の船が金沢に入港した。このため現在の六浦港は三艘港と呼ばれていた。
この船には経典を鼠(ねずみ)から守るために猫がいっしょに乗せられてきたという。唐船が運んだ経典は称名寺に納められそれとともに猫を金沢に残していった。その子孫の猫たちも称名寺で飼われていたが、やがて周辺の家々でも飼われるようになり、これが金沢の唐猫として有名になったということです。
出典「猫神様の散歩道」 八岩まどか著



powered by 地図Z

地図右下の「この地図の詳細」をクリックして下さい、地図左側「ナビゲーション」に歩行距離が出ています。
スポンサーサイト



category: 横浜市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/289-c3070406
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop