FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 川崎市 »実はここには・・・・石観音(川崎)

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

実はここには・・・・石観音(川崎)  

石の観音
江戸時代も元禄年間(1688―1704)になると、庶民の間で著名な社寺や名所への参詣が盛んとなり、『江戸名所図会』などの地誌が数多く刊行されるようになりました。江戸名所図会には、川崎大師の賑わいを「詣人絶ゆる事なし、正・五・九月の二十一日、別して三月二十一日は、御影供修行ある故に大いに賑わえり」と記すほか、大師より7丁(約3km)ほどはなれた石観音堂(いしかんのんどう)の賑わいについて「毎月十七日道俗通夜参籠す」と記しています。
 石観音堂は、寛文5年(1665)①に明長寺の僧弁融によって開かれた寺で、本尊は石造如意輪観音像です。「潮音殿」と書かれた扁額(へんがく)がかかる山門を入ると、「霊亀石」と呼ばれている手洗石(ちょうずいし)が置かれており、次のような伝説が伝えられています。享保18年(1733)②は不漁続きの年でしたが、ある日、地元の漁師が漁を終えて帰ろうとすると、急に船が動かなくなってしまいました。
 船の下をみると大きな石があり、手洗石に手頃な大きさだったので引き上げて石観音に奉納しようとしましたが、なかなか引き上げることができませんでした。その時、2、3匹の亀があらわれ漁師に力をかしてくれたのでやっと石を引き上げ、石観音に奉納したところ豊漁になったということです。
 境内には霊亀石の他、大師河原村に住んでいた俳人花鳥庵梅動が、宝暦8年(1758)③に柿本人麻呂像奉納のため矢数独吟(やかずどくぎん)(一定時間内に数多くの句を詠むこと)を行い、卯の上刻(午前5時)から申の下刻(午後5時)の間に1万句の俳諧を詠んだのを記念してつくられた「梅動独吟万句詠草塚」や延享4年(1747)④に俳人茗荷坊の門人6名が観音に因んだ句を詠んだのを記念してつくられた「六人ー句碑」などのほか道標、力石などの石造物が残されています。
出典 川崎市教育委員会
霊亀石

海中溺死男女塚
正面には天明五巳年⑤ 三月七日
海中溺死男女塚
相州三浦郡鴨居村
同城ヶ嶋村川間村
裏面には城ヶ嶋村権右衛門娘さち 二十歳
と刻んである。

①この頃の時代背景
•1663(寛文3)年:大阪・京都を結ぶ町飛脚ができる。
•1663(寛文3)年:江戸市中の花火が禁止される。
•1663(寛文3)年:霊元天皇即位。
•1666(寛文6)年:ヒマワリが中国より伝わる。
②この頃の時代背景
•1732(享保17)年:西日本にイナゴが大発生し、飢饉となる(享保の大飢饉)。
•1734(享保19)年:サツマイモを小石川薬園と吹上庭園に植えさせ、青木昆陽に栽培法を広めさせる。
③この頃の時代背景
•1756年:七年戦争が始まる。
•1758(宝暦8)年:京都で大義名分・尊王を説いた竹内式部が追放される(宝暦事件)。
この頃の時代背景
•1742(寛保2)年:公事方御定書百箇条が完成する。
•1744(延享1)年:天文台を江戸の神田佐久間町に設ける。
•1747(延享4)年:桃園天皇即位。
•1748(寛延1)年:竹田出雲の「仮名手本忠臣蔵」が竹本座で初演される。
⑤この頃の時代背景
•1783(天明3)年:浅間山の大爆発。
•1783(天明3)年:東北地方を中心に全国的な大飢饉が起こる(天明の大飢饉)。
•1786(天明6)年:田沼意次が老中から失脚。

さちの物語へは下記の赤字をクリックして下さい
さちの悲しい物語



powered by 地図Z

地図右下の「この地図の詳細」をクリックして下さい。地図左側の「ナビゲーション」に歩行距離がでます。
スポンサーサイト



category: 川崎市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/291-b6e4a115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop