FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 横須賀市 »五郎橋にはこんないわれがあった!

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

五郎橋にはこんないわれがあった!  

五郎橋
五郎が淵
三浦大介は、蛭ヶ小島の配所に居った源頼朝を案内して、久比里(現在の横須賀市久里浜と浦賀間)付近を逍遥し、とある民家に入って中食の割籠を開いた。
そのとき大介の郎党である岩戸五郎が漁夫からもらった一匹の鯉を傍らの岩をまな板代わりにして料理しようとした。ところが五郎何を思ったのかこれに一刀を加えるや急に「源家の再興を占はん」とばかり、この鯉を平作川にポンと放った。
一同もこの鯉の行動を見守った。
ところがその鯉は揚々として勢い良く川上へ川上へと泳いでいった。
頼朝は大介と顔を見合わせて微笑した。
この鯉が泳ぎ止った森崎の岸を五郎が淵と呼び、現在でも五郎橋として残っている

出典 三浦半島の口碑伝説100選 横須賀文化協会

五郎橋から久里浜方面(下流)を望む



powered by 地図Z

スポンサーサイト



category: 横須賀市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/323-fcdafab2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop