FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 鎌倉市 »日本最古の築港遺跡

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

日本最古の築港遺跡  

細長く平らな和賀江嶋
細長く、平らな島が国指定史跡で「和賀江嶋」(わかえのしま)であり、写真後ろの薄い島影は江ノ島である。
また和賀江嶋は、日本に現存する最古の築港遺跡でもある。

この辺りは、遠浅で荷の上げ下ろしが難しく、大風や波浪で難破する船が多くあったことから、貞永元年(1232)に勧進層の往阿弥陀仏が港を造ることを幕府に求め、第三代執権北条泰時の援助を受けて完成したことが{吾妻鏡」に記されています。
その際、石材は相模川や酒匂川(さかわがわ)、伊豆半島海岸など遠くから運ばれてきたと考えられています。
この付近は和賀江津と呼ばれ、中世都市鎌倉の海の玄関口として、海上交通や物流の拠点となっていました。
江戸時代までは修復されながら利用されていましたが、潮の流れや災害などで石が散乱しており、築造時の姿はわかっていません。
現在も普段は海没していますが、干潮時には正面に島状の石積みが姿を現します。

出典 鎌倉市教育委員会




powered by 地図Z

スポンサーサイト



category: 鎌倉市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/331-c198cf4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop