FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 横須賀市 »流れ着いた大木から鳴き声が・・・・長徳寺

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

流れ着いた大木から鳴き声が・・・・長徳寺  

中島山井華院長徳寺本堂
浄土真宗 
本尊は恵心作と伝えられる阿弥陀如来立像である。
当時の領主三浦義澄は鎌倉菅領の頃、祈願所と定め深く信仰したという。
のち将軍足利義景の近臣であった僧了念が改宗して開基となった。了念は義景逝去ののち晩年を蓮如上人に謁して真宗に入ったといわれている。

「三浦古尋録」はこの寺のことを次のように伝えている。
昔、長井の海岸に大きな木材が流れ着き、里人は珍しい大木なので驚いていた。
ところがこの大木から毎晩人の泣き声が聞えてくるので人々は不思議がりおそれていた。
その頃、関東各地を遊行中の行基がこの地に来てこのはなしを聞き、早速この大木を見ると、これが大和長谷寺の観音様を刻んだ残りの木材であったのに気づき、行基は流木に一心不乱に不動尊を刻んで長井の中島というところに祀った。
行基は不動像を祀るとき必要な水がなかったため、さっそく法力により井戸を掘ったところ清水がこんこんと湧き出した。
この伝説が長徳寺の山号となり院号になったとか・・・・

出典 「三浦半島の古刹めぐり」 松浦豊著

鐘楼

寛文十二年の手水鉢

墓地内にある二体の地蔵



powered by 地図Z

スポンサーサイト



category: 横須賀市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/334-fe1239b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop