FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 三浦市 »遊女達が投身自殺・・・白秋文学コース

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

遊女達が投身自殺・・・白秋文学コース  

fwsZFE08xu4TNlG1352375727_1352375790.png八景原と供養塔

八景原の春の光は極みなし
 涙ながして寝ころびて居る

八景原の崖に揺れ揺るかづらの葉
 かづらに照るあきらめきれず

三崎哀傷歌の一連の歌です。

八景原は、当時城ヶ島、油壺に勝る景勝の地として知られていました。
明治の頃、ここの断崖から遊女などが投身自殺をしたこともあって、近くに供養塔が建てられています。

白秋は、この歌を詠んで以来、三崎を訪れたときには必ずこの八景原に足を運んでいます。

前田夕暮が白秋と遊んだ「半島の早春」に次の一文があります。
 「一天晴れたり、酒をたづさえて我等景勝に遊ぶ。白秋君は朝酒をなみなみと杯に湛えては乾し、さらになみなみと潮のように満たしては・・・・・」

大正12年2月8日のことでした。

三浦市
スポンサーサイト



category: 三浦市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/36-0c140012
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop