FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 鎌倉市 »鎌倉五山(1)・・・円覚寺(五山第二位)

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

鎌倉五山(1)・・・円覚寺(五山第二位)  

 五山の制度は印度の五精舎にならい、中国南宗末期に禅宗の保護と統制のため格式高い五つの寺を定めたことに由来する。  鎌倉幕府が開かれる前年の建久2年(1191年)に南宋から帰国した僧侶栄西らによって伝えられた禅宗はその後隆盛を極め、鎌倉時代の末期、幕府は次々と大寺院を建立。鎌倉五山とは、鎌倉時代に中国の五山制度にならって鎌倉の禅寺に設けられた五大官寺のこと。北条氏は、南宋にならい五山制度を導入、鎌倉の 主な禅刹を五山と呼ぶようになり、鎌倉幕府滅亡後の室町初期には鎌倉・京都それぞれに五山が定められ、それに次ぐ十刹と緒山が選ばれこの制度が定着したと いわれる。その後たびたびの改定を経て、至徳3(1386)年足利義満のとき、五山の上に南禅寺がおかれ、京五山として天竜寺・相国寺・建仁寺・東福寺・万寿寺、 鎌倉五山として下記の五寺が定められた。元和元年(1615)には徳川幕府が五山十刹に対し法度を出した。  もともとは、寺を格付け管理し、官が任命権をもって順次格式の高い寺に昇任させる制度。
円覚寺(えんがくじ
 鎌倉五山の第二位
 臨済宗円覚寺派大本山
 正式には瑞鹿山円覚興聖禅寺(ずいろくさんえんがくこうしょうぜんじ)。  執権北条時宗が1282(弘安5)年、元寇の戦没者追悼のため宋僧の無学祖元を招いて開いた寺院で鎌倉時代を通じて北条氏に保護された。
 建物は創建当初から、いりくんだ谷間のわずかな平地を利用しながら 禅宗風の伽藍配置をもった堂塔が多くならんでいたが、たび重なる火災で、創建当初の建物はすべて失われている。現存する、室町初期の建築とみられる舎利殿は、 禅宗様を代表する建物。本尊は宝冠釈迦如来。JR北鎌倉駅前。

山門
天明五年(1785)、円覚寺中興・大用国師誠拙周樗禅師のとき再建。「円覚寺興聖禅師の題字は伏見上皇の勅筆。
楼上には十一面観音、十六羅漢像などを安置する。


方丈
本来は住職の今ですが現在は各種法要、座禅会や説教、夏期講座などの講習会や秋の宝物風入など、多目的に使われています。

IUPrEGrd5ZwZskl1377256000_1377256011.jpg白鹿洞(ひゃくろくどう)
当寺落慶開堂の日、この洞中より一群の白鹿が現れ、開山国師の法筵に列したという。
この奇瑞(きずい)により山号を「瑞鹿山」という。


国宝洪鐘(おおがね)
正安三年(1301)に鋳造された国宝の洪鐘(おおがね)です。
北条時宗公の子、貞時公が国家安泰を祈願して鐘の鋳造を鋳物師に命じましたが、鋳造がうまくいかず、江の島の弁天さまに七日間参詣したところ、ある夜の夢の中で円覚寺の白鷺池の底を掘ってみよとのお告げがあり、その通りにしてみると池の底より龍頭形の金銅の塊を発見、それを鋳造してこの洪鐘を造ったといわれています。
この霊験に感激された貞時公は江の島の弁天さまを洪鐘の神体として「洪鐘大弁才功徳尊天」と名づけて弁天堂を建立しました。

uX8WiazMMNmwNto1377251667_1377251678.jpg弁天堂



powered by 地図Z

各五山へのリンク
五山第一位・建長寺
五山第三位・寿福寺
五山第四位・浄智寺
スポンサーサイト



category: 鎌倉市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/382-d5f932b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop