FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 横須賀市 »かやぶきの山門・・・無量寺

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

かやぶきの山門・・・無量寺  


鎌倉風のかやぶきの小さな門をくぐると、境内の静寂の中に石地蔵がさまざまな姿態で並び寺歴の古さを思わせる。
この寺は浄土宗鎌倉光明寺末寺で、文治五年、和田義盛が鎌倉無量寺谷戸より後年子に地に移したといわれ、開基は和田左衛門尉義盛、中興開山は僧元誉寿道と伝えられる。
本尊正面には本尊の阿弥陀如来の坐像が安置され、右側には三浦観音札所第二十九番の本尊聖観音菩薩像が祀られている。この像は六十五センチ寄木造り、玉眼嵌入の坐像で肉身のみ漆箔、その他は彩色をを施した像である。
左側には未式敷蓮華を持つ観音の印相で、昔と変わらぬ慈悲の光をひとみにたたえた美しい像である。
この寺は間宮家の菩提寺で、半ば埋もれた雑草の中に間宮家の墓がある。
間宮家は徳川家康より相模国三浦郡と上総国望陀郡において1200石を賜り、三浦郡長坂村で700石あまりの知行地を有したといわれる。
またマミヤ高則の子真澄は元和元年五月二十六日大阪夏の陣で戦死し、この無量寺に葬られたといわれている。
往時、この地を支配した水軍の将も今では半ば埋もれた雑草のなかにむなしく苔むして、永い時の流れを思わせる。

出典 三浦半島の古刹めぐり 松浦豊著

akWN0r0Q0hSxCVB1378546924_1378546937.jpg
山門をくぐると左側にある。
mrLZ7QJoyvaA07z1378542722_1378542751.jpg水子(子育て地蔵
dMnFWHCtL3qfhw41378542594_1378542664.jpg
錦島三太夫の供養碑
錦島三太夫の墓は、三浦市南下浦のバス停近くにもあり、もうひとつが横須賀永坂の祖母神社前にあったものが、近年になってこの無量寺の山門脇に移されている。
この碑は明治元年(1868)に没した四代目年寄三太夫の供養のため、死後50年忌にあたる大正二年に、三浦半島の門弟たちが建立したものである。
ここに供養される錦島三太夫は横須賀市長井の井尻の安西家の出身でいまでも当家には土俵開きに使われたと伝えられる御幣が残されている。
出典 ときめき探訪 三浦半島 辻井善弥

三浦の三太夫の墓へのリンクは錦島三太夫の墓(三浦市

スタート地点を市民病院(京急YRP野比駅から「市民病院行き」に乗車し、終点で下車


powered by 地図Z

スポンサーサイト



category: 横須賀市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/400-98340eae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop