FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 横須賀市 »近代郵便制度の功労者はここに眠る・・・浄楽寺

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

近代郵便制度の功労者はここに眠る・・・浄楽寺  

浄楽寺本堂
金剛山勝長寿院浄楽寺といい、浄土宗である。
鎌倉光明寺の末寺で、本尊は阿弥陀三尊で、中尊の高さは141.8センチ、木造の寄せ木造りである。
脇侍仏は毘沙門天と不動明王の立像である。

国指定重要文化財・・・木造阿弥陀三尊像
阿弥陀三尊像とは、中尊(阿弥陀如来像)と脇侍の観音・勢至両菩薩を総称した呼び名である。
この三尊像は、関東地方では作例の少ない仏師・運慶の作と推定され、鎌倉時代前期を代表する貴重な仏像である。
寺伝によれば、源頼朝が鎌倉に建立した勝長寿院が大風で壊れたので当初に安置したとか、和田義盛が建立した七阿弥陀堂の一つの本尊あるなどの言い伝えがある。
三尊ともヒノキ材、彫眼寄せ木造りで、中尊の像高は141センチメートル、脇侍は178センチメートルである。全身の金箔と脇侍の宝冠、装身具、台座などは、江戸時代後期に補修されたものである。
中尊はどっしりとした量感があり、男性的な力強さを感じさせる。
脇侍は宝髷(まげ)が高く、腰のひねりなどの動きも自然で生き生きとし、三尊とも彫りの深い優れた像である。

横須賀市教育委員会

国指定重要文化財・・・木造不動明王立像・木造毘沙門天立像
不動明王は、仏道を守りあらゆる障害、困難を乗り越える力を持った仏である。
像は、岩座上に立ち火炎光背を背負い、右手に宝剣、左手に羂索(けんさく)を持つ通常の姿であるが、力量感に富んでいる。正面をかっと見据えた忿怒相(ふんぬそう:怒った顔の様相)が、この像の凄みを一層増している。
像は寄せ木造りの玉眼入り、高さ138センチメートルで、台座や光背は後に造られたものである。
文治五年(1189)に仏師・運慶によって造られたことが、胎内の銘札により確認されている。
毘沙門天は、古代インドの神であったが、北方の守護神として仏教に取り入れられ、また福徳の神としても敬われている。
腰をひねり、右手に鉾(ほこ)を握り締め、左手には五輪塔を乗せ、両足の下に邪鬼(じゃき)を踏まえた姿である。
像は寄せ木造りの玉眼入り、高さ139.5センチメートルである。均整の取れた体からは躍動感がほとばしり、両目をカッと見開いて正面をにらみ、口元を引き締めあごの張った顔は力強さと逞しさがあふれている。
昭和三十四年に胎内から杓子型の銘札が見出され、仏師運慶が文治五年に製作した像であることが判明した。
従来関東地方に作例がないといわれていた定説を覆した貴重な像である。

横須賀市教育委員会

y6isczXuC_NOL3n1379085723_1379085738.jpg延命地蔵と六地蔵

前島密(まえじまひそか)とは
天保六~大正八年(1835~1919)
近代郵便制度の功労者である。
越後高田藩の出身
明治二年民部省に入って租税権正、駅遞権正、駅遞頭、駅遞局長と進み、郵便制度創始に尽力した。後、東京専門学校長、その後貴族
院議員、諸会社の重役として活躍した。
晩年この地に暮らした。
出典 「三浦半島の仏教寺院と神社」 高木俊雄著
z_2mpI1sDDxczS81379085850_1379085859.jpg前島密の墓
meOLgxIvHHrOUjy1379085889_1379085902.jpg前島密像

スタート地点は横須賀市民病院
①浄楽寺  ②円乗院


powered by 地図Z

スポンサーサイト



category: 横須賀市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/410-cbe092ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop