FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 三浦市 »隆起海岸・・・三浦市諸磯

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

隆起海岸・・・三浦市諸磯  

諸磯遺跡の碑
国指定天然記念物「諸磯隆起海岸は、この碑の右の道路を下っていきます。
suIml9aaHtgbRIi1382007590_1382007607.jpg

3G7s6sa9hZiwB561382007657_1382007668.jpg

qV8QaiGPh0FuGs61382007696_1382007717.jpg穿孔貝の巣穴跡

国指定天然記念物諸磯の隆起海岸・・・案内板より
この崖の表面にみられる小穴の列は、穿孔貝の巣穴の跡で、堆積時期を異にするシルト岩質の地層の側面に、小規模のものを含めて六列ぐらい数えられる。
巣穴の多くは風化され、形はさまざまであるが、一般に下部の列のものほど、よく保存されている。
穿孔貝は、ほとんどがイシマテガイ(別名ヒミズガイ、三崎ではシミズガイと呼んでいる)で、波打ちぎわで岩をほり、巣穴をつくってその中で生活する。したがって、古い巣穴の跡があれば、これから過去の汀線の位置や高度を知ることができ、また、これによって、歴史上の大地震の間隔や隆起量などが推定される。
この崖の巣穴の跡は、この種の推定を試みるにあたって、その出発点となったもので、それぞれの列はいずれも、ある時代に汀線だったことを示している。そして列の数や巣穴の保存状態から、この場所が過去なん回かにわたって隆起したことを物語っており、歴史上の大地震を知る上で貴重な資料といえる。

三浦市教育委員会

国指定文化財等データベース(文化庁)より抜粋
溪谷ニ臨メル第三紀凝灰質砂岩ノ絶壁ニ往古ノ汀線ヲ示セル穿孔貝ノ穿テル穴ノ遺蹟アリテ四段ヲ成ス第一段ハ大正ノ大地震以前ノ汀線第二段ハ元禄十六年ノ大地震第三段ハ弘仁九年ノ大地震直前ニ於ケル汀線ナルコトハ口碑及岩壁ニ働ク風化作用ノ速度ヲ計算シテ知ルヲ得ベシ隆起海岸ハ必ズシモ稀ナラザルモ明カニ古代地震ノ際ニ隆起セルコトヲ推定シ得ルモノハ其ノ類例甚ダ稀ナリトス

穿孔貝とは・・・日本地質学会HPより抜粋
穿孔貝(boring shell)は、岩石や材に穿孔するという習性をもつ貝のことで、 二枚貝が多いことから「穿孔性二枚貝」と呼ばれることもある。自ら岩石等の内 部に埋没するように穿孔し、その中で成長する。その結果、穴の開口部(入口) は貝殻よりも小さく、外部に出るようなことはない。そこをとらえて「墓穴を掘 る貝」と揶揄する人もいる。

三崎口駅から城ヶ島方面のバスで天神で下車し、バス停近くの信号から入る。

powered by 地図Z


スポンサーサイト



category: 三浦市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/444-207f90bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop