FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 横須賀市 »八暮坂・・・戦いすんで迷子のすえ・・・

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

八暮坂・・・戦いすんで迷子のすえ・・・  

後のビルはNTT通研ビル
NTT横須賀通研下は、現在では通研通りと呼ばれ、京急YRP駅と武山を結ぶ幹線道路である。
治承四年(1180)八月のこと、平家の武将大庭三郎景親は、三浦一族の衣笠城を攻め立てた。だがすでに合戦はおわっていたので、このあたりまで引き返してきた。
ところが道に迷いやっとのことで山道にたどりついた。
そのとき、昼間だというのに、急に暗くなり、周囲の山から水が流れ出した。
たちまち水浸しになり、武士たちは山へ逃げたり、木に登ったりして大騒ぎ。
その中に占いをするものがいた。
占いの結果「世の中は乱れる兆候がある。平家は滅びる。このまま平家に従う主人に仕えていてよいものか」と出た。
これを聞いてお互いに目を合わせ、出るのはため息ばかりだった。
やがて夜が明けて水が引き始めた。
一同山や木から下りて無事を喜び合った。
これは三浦大介義明が日ごろ無益な殺生を嫌い、生き物の命を大切にしたので、鳥獣がその恩に報いるため大庭の軍勢を困らせたと伝えられる。
この坂道はいつの日か八暮坂(やつくれさか)坂と呼ばれるようになった。
横須賀風土記(平成元年刊)にこうある。
「坂の名である[八暮]とは八つ時(午後二時)を意味し、にわかに夜中のように暗くなったことに由来するのでしょう。また大水が出たことからこのあたりは”越水”とも言われるそうです」

出典 神奈川新聞横須賀版連載「坂道風土記・三浦半島」 石井昭著


wyTeTvaBNM2Xo4k1382440253_1382440268.jpg

NST8H6fyfIUaPKg1382440299_1382440314.jpg

dKpFJVYTyUn_J4I1382440346_1382440360.jpg坂上に建つ研究所

LE5RHnzPMVSTstA1382440388_1382440397.jpg坂脇に建つ石塔
スポンサーサイト



category: 横須賀市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/449-f8c8cbea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop