FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 横須賀市 »八百年前の城跡

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

八百年前の城跡  

怒田城跡
京浜急行久里浜線線路脇に怒田城跡が存在する。
新編相模国風土記稿西浦賀文郷の項にある怒田城蹟にはこう書かれている。
怒田城蹟 村の西界山上にあり、字台崎と云、闊二千坪余今は陸田なり。内川新田開墾の前は入海の出崎にして要害の地なり。相傳ふ三浦大介義明の持城なりと。按ずるに「源平盛衰記」衣笠籠城の條に、怒田城と載るもの是なるべし、曰、義盛申けるは、衣笠は馬の足立よき所なれば、寄手の為には便なり。急落されなん。怒田の城は、三方は石山高して、馬も人も通ひがたき要所なり、一方は海口に道を一つ開たれば、よき者一二百人あらば、縦敵何万騎寄たりとも輙く責落すべからずと申、大介申、怒田と云は僅かの小所人是を知らず、衣笠こそ聞へたる城よ、三浦の者共小坪の軍に打勝ってやがて衣笠に引籠て散々に戦て討死しけりと云ば、嗚呼さる名誉の城あり其所はよき所也など、人も沙汰すべし、怒田城にて討死といへば、怒田とはどこぞ、未知と云れん事面目なしただ衣笠に籠れ急げ急げと云。義盛が云けるは、怒田も衣笠も皆領内なり、就中軍と申は身を全うして、敵に物を思はせ日数をへて戦ふこそ面白けれ、衣笠に籠りたりとも、やがて追落とされれば無下に云甲斐なし。能々御計候べしといへば大介腹を立て、やをれ義盛よ、今は日本国を敵に受けたり、身を全うせんとも、何日何月か有べき、縦命生べくとも人のいはんぬる事は、三浦こそ一旦命を延さんとてさしもの名所を閣て怒田城に籠りたりけれどと沙汰せん事も口惜し、若干百人が中に一人なりとも、生残りて佐殿世に立給ひたらん時、父や祖父が骸所とて知行せんにも、衣笠ぞ知たりけれど大いに
語り云ければ、力及ばず孫引きつれて衣笠城に籠りけり。と書かれている。
衣笠合戦は一日で落城し三浦党の面々は怒田城の舟倉の軍船にのり久里浜の住吉明神住吉神社に武運長久を祈願して
江戸湾を房州さして落ちゆくわけで、怒田は戦の場とはならなかった。
今、現地に立つと六千年の昔から縄文人の住所となり、その後千を単位に何回か住む人々がかわり、歴史の上では八百年前三浦氏の一族が衣笠の出城としてこの丘を中心に生活し、山を降りれば舟倉地区は三浦水軍の根拠地であった。

出典 久里浜の社寺と古跡 久里浜地域文化振興懇話会
この城跡の前の地域は、現在でも「舟倉」という地名が残っています。


powered by 地図Z

スポンサーサイト



category: 横須賀市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/462-a87a3e05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop