FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 葉山町 »政子の嫉妬は家をも打ち壊す・・・鐙摺(あぶずり:葉山町)

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

政子の嫉妬は家をも打ち壊す・・・鐙摺(あぶずり:葉山町)  

旗立山
鐙摺(あぶずり:三浦郡葉山町)周辺は、三浦氏の重要な拠点の一つで、鐙摺城跡とされる。
日影茶屋前の丸山(上の写真)は軍見山、旗立山の名称が残り、物見台であったことが知られる。この近くに三浦一族の大多(田)和義久の館があり源頼朝の愛妾亀の前が匿われた出来事は吾妻鏡に詳しい。
頼朝には伊豆配流の頃からの愛人「亀の前」があり、鎌倉に落ち着いた寿元元年の春頃から小坪(逗子市)へ呼びよせて通っていたが、やがて飯島に移してしげしげと訪れるようになった。
このことを牧の方の告げ口で知った政子は大いに憤り、牧の方の父親牧宗親に命じて手勢を差し向け、飯島の家を打ち壊させた。
亀の前を預かっていた伏見広綱は命からがら亀の前を連れ、鐙摺の義久の館に逃げ込んだ。
頼朝は早速遊興に事寄せ、鐙摺へ出向いて、広綱と宗親を対決させる。
宗親は砂に額を擦り付けて謝ったが頼朝は許さず、その髻(もとどり)を切って恥を与えた。
宗親は面目丸つぶれで鎌倉に戻り、北条時政に訴えた。
愛する後妻の父を辱めたとして時政は兵をまとめて伊豆へ引き上げてしまった。
鎌倉中の大騒動に発展したこの嫉妬事件も、平家討伐前の大事の前にうやむやになってしまうが、なぜ「吾妻鏡」が、政子にとって不名誉とも思える事件を記述したのか不思議である。

出典 郷土誌さくらやま 桜山の昔を語る会編

スポンサーサイト



category: 葉山町

tb: 0   cm: 2

コメント

No title

どうも、こんばんはです。
訪問者履歴を辿ってここまで来ました。

良い所にお住まいですね、
昔、京急沿線に乗った時、車窓から桜が見えて綺麗だった事を思い出します。

頼朝が妾を可愛がってその度に政子の怒りを買うのは、この後も頻繁に起こる事じゃないですか(^^;
個人的にこの亀の前とのエピソードは、政子の不名誉というより、言わば「鉄板ギャグ」の前フリみたいな物だと思っております(笑)

レバニラ #LkZag.iM | URL
2014/02/18 23:03 | edit

あなたは、何を求めているの?

さくら #- | URL
2014/02/19 07:38 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/549-39635814
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop