FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 鎌倉市 »悲恋を伝える教恩寺・・・鎌倉

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

悲恋を伝える教恩寺・・・鎌倉  

教恩寺
宗旨:時宗ー一遍上人が開いた宗派で、「南無阿弥陀仏」の念仏を唱えることを本分としています。
   総本山は藤沢の遊行寺です。
本尊:阿弥陀如来・観音・勢至菩薩の立像で源頼朝が平重衡(しげひら)に、平家の菩提を弔うように与えられたと伝わる。

本尊の阿弥陀如来については「新鎌倉志」に次の説明がある。
「本尊阿弥陀、運慶作。相伝ふ。平重衡囚われに就いて、此本尊を礼し、臨終正念を祈りしかば、弥陀の像、打ちうなづけるとなん」
こも阿弥陀如来は伝えでは「一の谷戦い」に敗れ、須磨の浦で捕虜となって鎌倉に連行された平清盛の子、重衡の念持仏とある。

源頼朝は幽閉中の重衡を慰めるために像を贈り、千手(せんじゅ)という舞姫を差し向けて一夕酒宴を催した。
「平家物語」の中でもとりわけ哀れが深く、美しい場面である。
一夜の出合いは二人の絆を堅くし、一年後に重衡が奈良で処刑されると、千手は長野の善光寺で髪を下ろし、それでも恋慕の情を断ち切れず、数年後二十四歳の若さでこの世を去った。
こも寺の阿弥陀三尊は。二人の悲恋を目の奥に秘めつつ、ひっそりと立ち続けている。

出典 鎌倉もののふt伝説の道を歩く  大貫昭彦

6j0hs6Xp75s2FIX1395483960_1395483971.jpg本尊

スポンサーサイト



category: 鎌倉市

tb: 0   cm: 2

コメント

No title

つい先日「教恩寺」さんに行ってきました。

本堂に入れていただき
ご本尊様にも参拝してまいりました。

歴史を知ってから伺えば
もっと見方も変わったかもしれませんね。

まりんママ #- | URL
2014/03/23 21:34 | edit

Re: No title

ご訪問ありがとうございます。
お寺・神社等にはそれぞれ言い伝えがあるものです。
これからもがんばって書きますので、よろしくお願いします。
散策の折には参考にしながらめぐると面白いかと思います。

のらねこ #- | URL
2014/03/24 10:50 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/564-4a3c3e60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop