FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 鎌倉市 »本尊は海を渡ってきた・・・長谷寺(鎌倉)

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

本尊は海を渡ってきた・・・長谷寺(鎌倉)  

十一面観音像は国宝のため写真撮影は出来ません。
当ブログ掲載の写真は、当寺で販売しているハガキから転写したものです

十一面観音像
海光山 慈照院長谷寺ー浄土宗

開山徳道、開基藤原房前、創建は天平八年(736)と伝えるが、大和の長谷寺(奈良県桜井市)の縁起に習ったものと思われ、事実上の創建年次は明らかでない。
本尊の十一面観音菩薩像は、大和長谷寺の本尊と同木同作と伝えがある。
徳道上人が、一本の楠の霊木から二体の十一面観音像を造り、木本(木の根元側)で造った尊像を大和長谷寺に祀った。
木の末で造ったもう一体の尊増は、縁ある地に出現し、人々を救済してくださいと祈って海に流したところ、年を経て三浦半島の長井浦(横須賀市)に漂着した。これが都に聞こえ、藤原房前が鎌倉に下って堂宇を建立して、尊増を安置し、徳道上人を迎えて開山したのが当寺の始まりと伝承する。
当初は、大和長谷寺に対して、新長谷寺と称していたことが、梵鐘・懸仏銘(かけぼとけめい)から知られる。

出典 深く歩く鎌倉史跡散策 神谷道倫

流れ着いたところは・・・横須賀市長井(仮屋が崎
赤字をクリックしてください

HEr3Wm0LNC5TIIy1395832603_1395832611.jpg十一面観音像

スポンサーサイト



category: 鎌倉市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/566-7ccce9e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop