FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 鎌倉市 »許婚を父に殺された・・・大姫の物語(鎌倉岩船地蔵堂)

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

許婚を父に殺された・・・大姫の物語(鎌倉岩船地蔵堂)  

岩船地蔵堂
大姫は、源頼朝と政子の間に生まれた最初の子供である。
鎌倉入りした頼朝のあとを追って駆けつけた、大姫を伴い親子三人の感激の対面をしている。
この時おお姫は2~3歳であった。
頼朝挙兵に呼応するかのように、同じ源氏の木曽義仲は平氏討伐の旗をあげた。
頼朝・義仲の対立が深まり、あわや武力衝突もおきかねない状況だったが、義仲の長子わずか十一歳の義高を、大姫の許婚者として鎌倉に送り、両者は和解したのである。
十一歳の許婚者を迎えた大姫は5~6歳であったと思われる。
親たちの政争の具に使われているのも知らず、二人は兄と妹のように仲良くなった。
しかし翌年には頼朝は、京にいた義仲を攻撃し、義仲は北陸路へ逃げ延びるが、途中近江粟津で首級をあげられてしまった。義仲はまだ三十一歳の男盛りであった。
冷酷にも頼朝は、娘の許婚者である義高まで殺してしまった。
それを知った大姫のショックは大きく、まるで自分の兄を父に殺されたようなショックだったにちがいない。
熱を出したり、うわごとを言ったり、日増しに衰弱していった。
以来病弱となった大姫の身体は生涯治らなかったようだ。
大姫が死んだのは建久八年(1197)七月で、二十歳の若さであった。

出典 鎌倉謎解き散歩 湯本和夫

tzppjogZt5p7AlZ1396173284_1396173294.jpg地蔵尊

「海蔵寺」説明板より
亀が谷辻に建つこの堂は、古くから頼朝の娘おお姫を供養する地蔵堂として言い伝えられてきました。
木造地蔵尊の胎内の銘札にも「大日本国相陽鎌倉扇谷村岩船之地蔵菩薩者當時大将軍右大臣頼朝公御息女之守本尊也」との記述があり、続けて元禄三年に堂を再建し、新たに木造を造立した旨が記されています。
「北条九代記」にも許婚との仲を裂かれた姫が傷心のうちに亡くなったこと、哀れな死を悼む北条、三浦、梶原など多くの人々が、この谷に野辺送りしたことが記されています。




追記
FC2ブログ「野火止用水」さまより、貴重なコメントをいただきましたので紹介します
義高は武藏に入り、入間川河畔でとらえられたとされます。この話は余ほど地元の人々に熱い想いで伝えられたのでしょう、義高を「清水八幡宮」として、まつっています。
 建て替えられる前の地蔵堂が懐かしく思い出されます。

野火止用水様ブログへのリンク
スポンサーサイト



category: 鎌倉市

tb: 0   cm: 2

コメント

義高

 義高は武藏に入り、入間川河畔でとらえられたとされます。この話は余ほど地元の人々に熱い想いで伝えられたのでしょう、義高を「清水八幡宮」として、まつっています。
 建て替えられる前の地蔵堂が懐かしく思い出されます。
  野火止用水
 

野火止用水 #- | URL
2014/04/01 07:50 | edit

Re: 義高

コメントありがとうございます。
さっそくブログに反映させていただきました。
股勝手ながら、URLも載せさせていただきました。
これからもよろしくお願いします。

のらねこ #- | URL
2014/04/01 18:54 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/568-803a64b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop