FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 三浦市 »白山神社と奈良時代の墓

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

白山神社と奈良時代の墓  

2012111403.jpg
2012111402.jpg

<写真下>当社は元白山宮と称して、三浦一族の臣菊名左衛門重氏の守護神であり、菊名仲里の山林中に鎮座せられていた。(現社殿より見える小高い丘付近)。
仲里は菊名氏の別荘「浜御殿」があったところで、またその墳墓の地でもある。
三浦一族の滅亡と同時に菊名氏も滅びて、以来久しく社頭も荒廃にまかせてあったが、貞亨元年(1684)「江戸時代初期」に村民相謀って現在の地に社殿を造立し、菊名の鎮守として祀られた。現在の社殿は昭和45年の増改築の際に耐火建築に改められた。周辺は農業、漁業ともに盛んな土地で、海上安全、大漁満足、五穀豊穣、家内安全、子孫繁栄、商売繁盛の神様として、いまなお大切にされている。
写真上
境内社金毘羅宮石段上にある「切妻造妻入型横穴古墳」は無類に大きく、奥行き約6メートル、幅約3メートル、高さ1メートル77センチの横穴、天井部分は美しく切妻型に削られ、柱などに浮き彫りが施されて赤塗の跡が残っているため、奈良時代、永蛭郷と呼ばれていた当地を支配した豪族の墓と見られている。


powered by 地図Z

スポンサーサイト



category: 三浦市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/59-7303f365
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop