FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 鎌倉市 »あまりの急坂に亀も登るのをあきらめた・・・・亀ヶ谷坂(鎌倉)

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

あまりの急坂に亀も登るのをあきらめた・・・・亀ヶ谷坂(鎌倉)  

dPp8HjBYrj280qe1400926308_1400926320.jpg亀ヶ谷坂(建長寺側

今でもこの坂は急であるが、昔はもっと急で、伝説によれば建長寺の大覚池の亀が、たまにはこの世を眺めて見たいと、この坂を登っていったものの果たせず、引き返したところから「亀返り坂」といわれ、それがいつの頃からか亀ヶ谷坂(かめがやつさか)になったといわれる。
出典 鎌倉趣味の史跡めぐり 長峯五幸

この道は亀ヶ谷と山ノ内とを結ぶ、亀ヶ谷坂と呼ばれる切通しです。
切通しとは、山を切り開いてつくられた道のことです。
交通を容易にするとともに、防御の拠点ともなっていました。
亀ヶ谷坂が造られた正確な時期はわかりませんが、十三世紀中ごろには切通しとして整備されていたようです。
「吾妻鏡」によれば、幕府が鎌倉市中に七箇所の商業区域のひとつとして「亀ヶ谷辻」を指定しており、建長寺や円覚寺などの大寺院が建立された山ノ内と鎌倉市中を結ぶ亀ヶ谷坂は、経済的にも軍事的にも重要だったことがわかります。
江戸時代には「鎌倉七口」のひとつに数えられるようになり、現在も生活道路としてりようされています。

出典 案内看板「鎌倉市教育委員会」より

tO80s6C68hhD_Jx1400926355_1400926371.jpg亀ヶ谷坂
SJGJhOANvhyIEwd1400926397_1400926411.jpg坂頂上付近の六地蔵
skdjoD7gbRHYEs71400926442_1400926454.jpg亀ヶ谷坂
この坂を降りきると、岩船地蔵があります。
大姫の岩船地蔵へリンクします。

スポンサーサイト



category: 鎌倉市

tb: 0   cm: 1

コメント

はじめまして

三浦半島とか鎌倉とか環境が抜群のところですね。
私も東京生活が長かったので何度かは行ったことが有ります。
また大仏も見に行きたいですね。

オノデーラ50 #hffIFUSU | URL
2014/05/25 09:56 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/595-dd5179a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop