FC2ブログ
歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » 鎌倉市 »囚人に帰依し、我が家をお寺に・・・・光則寺(鎌倉)

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

囚人に帰依し、我が家をお寺に・・・・光則寺(鎌倉)  

1xSc8SLE5Sx8VgY1405848551_1405848560.jpg光則寺山門

twO2Y8RO5UQun9J1405848589_1405848604.jpg光則寺
土牢付近から見た光則寺本堂

開山は日蓮の弟子の日朗上人、開基は宿谷(やどや)左衛門尉光則といい、ときの執権北条時頼の近臣で、日蓮の執筆した「立正安国論」を時頼に仲介した人でした。
光則は文永八年(1271)、日蓮が龍ノ口の刑場で斬られようとした時、日蓮とともに捕らえられた日朗、日真、その檀那の四条金吾を囚人として預かっているうちに、日蓮に帰依して熱心な法華経の信者となって家をお寺にしてしまいました。
山号行時山は父の名、自分の名「光則」をもって寺号としました。
土牢の傍らに、佐渡に流されていく日蓮が、土牢の中に入れられた日朗にあてた手紙が石に彫られています。
それには法華経の行者としての信仰の深さと、寒い冬に向かって土牢に幽居する弟子への思いやりが読む人の胸にせつせつと打ち響いてきます。

出典 鎌倉案内 小澤 彰

f4gi_XwTS6cSe501405848633_1405848645.jpg土牢

TPpLNthr4WWMnw11405848679_1405848690.jpg土牢の内部
土牢へは本堂を正面に見て、右側に入っていきます



スポンサーサイト



category: 鎌倉市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/623-515c5c3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop