歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » スポンサー広告 » 川崎市 »女性にご利益のある女躰神社

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

女性にご利益のある女躰神社  

em5oRpepg69iLgi1411551859_1411551868.jpg女躰神社鳥居

この女躰大神はオンメさまという通称で知られたもので、旧南河原村の氏神としてあがめられていた。
「新編武蔵国風土記稿」の「南河原村」の項には・・・・
女躰権現社(村の東南の方にあり、本社六尺に七尺、覆屋二間に一条、拝殿二間に三間あり。
前に石鳥居を建て、村の鎮守にして例祭毎年九月十九日、是も宝蔵院持ちなり」と記されている。
そのいわれについては「神奈川神社誌」の「女躰大神」の項には、創立年月不詳であるが、口碑の伝うる処に依れば、往古女体権現と称え。南河原村真言宗宝蔵院が別当職であった。
当村は元荏原郡八幡塚村の農民が移住して開墾に従事していたもので、当初僅かに二戸であったが、その後民家次第に増加し、永禄年間十数戸を有するにいたった。
地勢が多摩川の南にあったので、南河原と称えたという。
然るに多摩川の土砂堆積の為か、年々出水はなはだしく、沿岸の耕地を浸し、洪水ごとに流域に変化を来たし、非常なる災害を蒙り、遂に一村離散の止む無き悲境に立ち至った。
このときに当り、一人の女丈夫、水中に投じて一身を犠牲に供したため、その後大なる災害もなく住民漸く安堵し、大いにその徳を慕い、壮烈なる行為を後世に永く伝えんため、多摩川側なる俗称「にこにこ松」の下に一祠を建て、その霊を祀ったという。
「にこにこ松」は現在ではその跡形をとどめていない。
女躰大神の祭礼は現在八月第一日曜日である。

出典 川崎の民間信仰 川崎市市民ミュージアム(大島建彦)

ご利益 女性の悩み解消、恋愛系縁結び、子授け、安産祈願、武勇掲揚、勝利祈願、五穀豊穣、出世開運、武運長久 他

T72mRpfdVrMsue11411551937_1411551954.jpg社額

5TqxvIl6qZPoWII1411551894_1411551904.jpg社殿








スポンサーサイト

category: 川崎市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/654-70624c3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。