歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » スポンサー広告 » 鎌倉市 »一芸が身を助けた・・・諏訪神社(鎌倉御成町)

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

一芸が身を助けた・・・諏訪神社(鎌倉御成町)  

諏訪神社(鎌倉御成町)の写真は諏訪神社をクリックしてください。
この諏訪神社にまつわる面白い話を掲載しております。


現在鎌倉市役所のある場所は、鎌倉時代には信州諏訪大神の神官の家柄で、諏訪の領主でもあった諏訪氏n邸宅の地であった。
その邸内守護神として諏訪神社を勧請して祀ったのが諏訪神社の起こりで、祭神は建御名方神(たけみなかたのかみ)である。
諏訪一族の中で、特に名を知られている者に諏訪盛澄(すわもりずみ)がある。
多年在京し、平家方として鎌倉に参向することが遅れ、鎌倉ではいわば囚人扱いであった。
しかし東国の藤原秀郷流流鏑馬の奥義を極めるとともに、京の滝口武士により催し行われた城南寺(せいなんじ)流の流鏑馬に通じることもあってその射技を惜しまれた。
頼朝もその処遇に思い煩うことがあったが、文治三年(1187)八月十五日鶴ヶ岡八幡宮の方生会(ほうじょうえ)の当日、にわかに召しだし流鏑馬を射ることを命じた。
盛澄が賜った馬は厩(うまや)第一の悪馬であったが、悪条件にもかかわらず流鏑馬の至芸を披露して、頼朝の意に大いに適い、御家人となることを許された。

深く歩く鎌倉史跡散策 神谷道倫




スポンサーサイト

category: 鎌倉市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/664-8025ff11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。