歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » スポンサー広告 » 鎌倉市 »天皇の子でありながら、その首は野ざらしに・・・護良親王の墓

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

天皇の子でありながら、その首は野ざらしに・・・護良親王の墓  

_aIN2E5RetNyGyg1413798534_1413798543.jpg墓への参道

護良親王は、御醍醐天皇の皇子で、鎌倉幕府滅亡後、征夷大将軍に任命されるも、御醍醐天皇や足利尊氏と対立したため、鎌倉に下され、やがて現在の鎌倉宮あたりの土牢に「幽閉された。
足利直義は、幽閉中の親王を家臣の淵辺伊賀守義博に命じて親王を殺害させた。
幽閉後約九ヶ月後の事である。
「太平記(巻13)」には
「淵辺が首を掻こうとしたところ、親王はその刀の先端を食いちぎり、首を取られたあとも剣先を口の中に含んで、眼も生きた人のようであった。
このような首は主人には見せられぬと思い、傍らの藪の中に棄ててしまった。」
それに続けて親王の身辺のお世話をしていた南の御方が、動転しながらも気を取り直して、藪に棄てられた首を拾い上げ、のちに理智光院の長老の僧の手により、葬礼の事が営まれたと記す。

出典 史蹟と伝説鎌倉 ニ橋進

7rKQyntIcR9eEdm1413798570_1413798582.jpg親王の墓
現在は宮内庁管理のため、近くまで行くことはできません

_3gqX1uJfioXrWs1413798606_1413798617.jpg理智光寺址碑
碑文
此処ハ願行上人ヲ開山トセシ五峰山理智光寺ノ址ナリ建武二年淵邊伊賀守義博ハ足利直義ノ命を承ケ護良親王を弑シ奉リシガ其御死相ニ怖レ御首ヲ傍ナル藪中ニ捨テ去リシヲ當寺ノ住僧拾ヒ取リ山上ニ埋葬シ奉リシトイフ
鎌倉町青年團




スポンサーサイト

category: 鎌倉市

tb: 0   cm: 2

コメント

こんばんは~♪
テンプレートを変えられましたね(*^^)
すっきりしてて読みやすいですσ(゚ー^*)

まり姫 #8m8hig/. | URL
2014/10/21 21:18 | edit

Re: タイトルなし

ありがとうございます。
おかげさまで、来客数が10万突破したため、区切りとして変えてみました。
これからもよろしくお願いします。

のらねこ #- | URL
2014/10/21 21:40 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/668-23a844b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。