歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » スポンサー広告 » 横浜市 »黄門様はこんなところにも来た?・・・榎地蔵

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

黄門様はこんなところにも来た?・・・榎地蔵  

榎地蔵の伝説
このお地蔵様は、榎地蔵と申します。
昔、水戸黄門公来遊のときに従者がその霊験を唱え、海より揚げ祀られたものと口碑n残されています。
ところでこの榎地蔵様は永い間社会安全を守りつつ、専らこれが難病苦病を治し、また安全、子授け地蔵さんとして、多数の人々を助け、人助けの地蔵様と愛称広く一般社会の信頼を集められています。
四月十四日、二十四日は地蔵様の命日です。
敬白
出典 榎地蔵案内板
_ZSB43Y4Nr8aa1c1415782663_1415782678.jpg榎地蔵
xxHFUUqEHEZ5cut1415782715_1415782729.jpg
水戸黄門もやってきた・・・そして地蔵を棄てたが。
例によって諸国漫遊の旅に出立した黄門様の一行は、水戸から房総を経て船便で横浜金沢の六浦港に着いた。
早速、金沢遊覧の途中で榎地蔵の前に差し掛かったとき従者が「この榎地蔵は、たいそう霊験あらたかで、願い事は何でも叶えてくれる地蔵様です」と申し上げた。
すると黄門様は一笑し「助さん格さんや、そんなに御利益のある地蔵様がいるはずはありません。村人たちを迷信で惑わすようなことをしてはなりませんぞ!」とたしなめ、地蔵様を乙舳(おっとも)の海へ投げ込ませた。
さて、漫遊を終えて水戸へ帰ったご老公一行、思わず驚きの声をあげた。金沢の海に投げ込んだはずの地蔵さまが、なんと水戸近くの海に打ち上げられていたのだ。
さすがのご老公も、改めて地蔵様の霊験に脱帽し、すぐに地蔵様を金沢に運ばせ丁重にお祭したという。
なお水戸光圀公は延宝二年(1674)の夏、家臣を従えて鎌倉・金沢の名勝旧跡を訪ねた史実がある。

出典 ぶらり金沢散歩道 楠山永雄





スポンサーサイト

category: 横浜市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/679-6aa3db57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。