歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » スポンサー広告 » 横浜市 »珍重された金沢猫の塚・・・千光寺(横浜市金沢区)

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

珍重された金沢猫の塚・・・千光寺(横浜市金沢区)  

金沢猫(唐猫)については、以前このブログでも取り上げてますが、今回はその猫塚について取り上げてみます。
金沢北条時代の頃・・・
中国から長い航路の唐船には猫が乗せられていた。これは、積荷や食糧をネズミの害から守るためであり、とくに貴重な仏典や書籍などがネズミにかじられることは絶対に防がねばならなかったのである。
このことは、船に限らず経典類が保存されている寺院も同じことで、ネズミの害を避けるため猫を飼うことが通常だったという。日光東照宮にある左甚五郎作の「眠り猫」にもそんな願いがこめられているといわれる。
さて、船内での大切な役目を終えた「唐猫」は、金沢の地に住み着いて繁殖し、その子孫は「金沢猫」と呼ばれ愛好家に珍重されたらしい。
金沢猫については諸書に記述はあるものの、どんな特徴をもっているのか実態はわかってはいない。
とはいえ、中国船に乗せられて金沢(横浜市)についた猫が金沢に住みついて繁殖し、金沢猫と呼ばれ珍重されたことは間違いないだろう。
この寺に金沢猫の供養塚が・・・
あるとき、珍重されていた金沢猫の死骸がみつかり、村人たちはこの千光寺境内に葬って供養の「猫塚」をつくった。
山門をくぐって左手の茂みのなかにひっそりと自然石が建ってる。これが俗に言う「猫塚」である。
又この周辺には金沢猫を埋めたといわれる「猫畑」という地名が残されている。
出典 ぶらり金沢散歩道 楠山永雄
Zjyf7lNjJY8Zk7U1416124817_1416124830.jpg千光寺山門

1tgNPeSbUeuSu0B1416124956_1416124972.jpg猫塚





スポンサーサイト

category: 横浜市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/681-2244c13d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。