歩けば見つかる小さな歴史 ホーム » スポンサー広告 » 鎌倉市 »不思議な徳利・・・銭洗弁天で宴会の神様達

[PR]ウィルス感染注意

今すぐ↓クリックして早めに予防を。 30日間無料体験できます。

楽天市場

忍者キャンペーン

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

不思議な徳利・・・銭洗弁天で宴会の神様達  

リンク先頼朝の夢枕に立った宇賀福神
リンク先こうして銭洗弁天になった

むかし、鶴岡八幡前の角正(かどしょう:現在の有料駐車場のところにあった旅館兼料理屋で、江戸時代から有名な家でした)へ白髪を長く肩のあたりまで波立たせたひとりの老人が、はくちょう(胴が丸くて首の長い徳利)を持って、酒を一升くれと云って買って帰りました。
次の日、またその老人が同じ徳利を持って、きょうは一升五合入れてくれと云います。店のものは、昨日一升注いでやったとき、たしか口きりいっぱいだったのに、変なことを云うじいさんだなと思いながら、注いでみると、一升五合の酒が一滴もあふれずに入りました。
そしてまた次の日、今度は二升買いにきました。しかも徳利は同じ徳利です。
店のものは、冗談じゃない、二升なんてとても入りませんよと、呆れ顔でいいました。
しかし老人は、なんでもいいから、注いで見なさいと言い張ります。
仕方がないので店のものは、枡ではかってニ升の酒を徳利に注ぎました。すると不思議にもちゃんと入ってすこしもあふれません。
びっくりしている店のものを尻目に、徳利を下げてたちさりました。これはただ人ではないと思った店のものは、そっと老人のあとをついて行ってみました。老人は振り返りもせず、すたすたと馬場小路のほうへ歩いていきます。
そして小袋坂へ曲がると途中の青梅聖天の辺から山へ登り、泉ヶ谷へ降り、それから化粧坂を通って隠れ里の岩窟へ入っていきました。
角正の店のものは、岩窟の入り口からおそるおそる中の様子をうかがいましたが、暗くて何も見えません。
しばらく立ちすくんでいると、岩窟の奥からおおぜいが楽しそうに笑いさざめく声が聞こえてきました。
この話を聞いた人達はみな、それは隠れ里にある銭洗の岩窟に福神たちが集まって酒盛りをしていたのだと噂しました。
そして不思議な徳利を持って酒を買いに来た老人も、もちろん福神の一人にちがいないということになりました。

出典 かまくらむかしばなし 沢 寿郎
古い絵葉書をみると、この地図に示す位置に「角正」があったと思われます(現在は駐車場になっています)







スポンサーサイト

category: 鎌倉市

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sgo0213.blog.fc2.com/tb.php/712-a13a9dde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

コメント・メールお待ちしています。

セブンフリーエリア

自宅で注文、お店で受け取り

セブンネット検索

フリーエリアセブン

このブログのQRコード

健康BMI

カテゴリ

貧血防止に

やわた

カラミーショップ

愛犬用のサプリメント

タニタのグッズ

早いもの勝ち

あなたの口臭大丈夫?

家族葬儀のご提案

フリーエリア

フリーエリア

カード作るなら楽天におまかせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールはこちらから

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。